【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【東南アジアぶらり旅】初めてのシンガポール~こんなに便利な公共交通機関~BUS&MRT!

 

f:id:mabuhayhappily:20200424204537j:plain

2020年2月21日シンガポールMRT-NSLine

 

 

【東南アジアぶらり旅】初めてのシンガポール~こんなに便利な公共交通機関~BUS&MRT!

 

〇タイ、マレーシアそしてシンガポールへ

今月始めから3週間かけてタイ、マレーシアそしてシンガポールの3カ国を、移住先として何故日本人に人気があるのか、その秘密を探るために廻って参りました。

 

www.mabuhayhappily.com

 

 

〇初めてのシンガポール~先ずは中心市街地へ

私は当初、MRTのEW9(Aljunied)駅の近くにあるホテルを予約してましたが、満足いくものでなかったのでキャンセルし、最終的には同路線のEW11(Lavender)駅の近くにあるホテルを急遽予約し宿泊することにしました。

 

ここでは私の場合になりますが、ジョホール・バルからの連絡列車(シャトル)を降りたあと、シンガポール市内にあるEW11(Lavender)駅に向かうまでの移動について紹介させて頂きます。高齢者によるハラハラ・ドキドキ一人旅ですが何かの参考になれば幸いです。

 

〇Woodlands駅へはバスが便利!

★シャトルを降りたらバス停へ

先ずはMRTの駅Woodlandsを目指してバスに乗ります。

 

ジョホールバルからの連絡電車(シャトル)を降車して駅を出て、右側に向かうとタクシー乗り場があり、更に道なりに進むとバス乗り場が並んでいます。

 

f:id:mabuhayhappily:20200421101823j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200421101932j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200421102028j:plain

※バス停毎に停車するバス番号が異なるので注意して下さい。

 

 

★Woodlands行きのバスに乗車

簡単に今の状況を説明しますと、現在いる場所は下の写真にあるW'lands Train Checkpt駅で、これから行く場所(MRTの駅)がWoodlands Temp Int駅になります。

 

なので、ここのバス停にはいろいろな方面に向かうバスが来ますが、その中でこれから乗るバスは、貼り出されている路線図の中から『Woodlands Temp Int駅』の名前がどこかに記載されている路線図を探し出しその路線番号が表示されているバスに乗ります。

 

因みに私が確認したところ3~4路線で『Woodlands Temp Int駅』の表示がありました。その中の一つ911番のバスが最初に来たので私は乗車しましたが、他にもいくつかありましたのでこれ以外に乗車しても大丈夫です。

 

バス停毎に停車する路線バスの番号が記載されていますので確認して下さい。(上に添付したバス停の写真を参照して下さい。)

 

f:id:mabuhayhappily:20200421102056j:plain

 

料金は正確な金額は覚えていませんが1シンガポールドル(約80円)くらいだったと思います。皆さんは既にシンガポールドルをたくさん持っているかと思いますので心配する必要なないと思います。現金があれば大丈夫です。

 

f:id:mabuhayhappily:20200424144944j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424145048j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424145141j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424145023j:plain

 MRTの表示に従い進みます。

f:id:mabuhayhappily:20200424145215j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424175408p:plain

MRTの表示版。

今回乗車する路線はNS(North-West Line) です。

f:id:mabuhayhappily:20200424175429p:plain

 



〇中心市街地への移動はMRTが便利!

 

f:id:mabuhayhappily:20200424175722j:plain

 

 

★How to go to Lavender station

ホテルのあるLavender駅には、Woodlands駅からは、次のように3路線を乗り継ぎ、そしてBishan駅とPayaLebar駅では乗り換えが必要となります。

 

①Woodlands駅~Bishan駅  

 :North-South Line(濃い赤色)

②Bishan駅~PayaLebar駅  

 :Circle Line(橙色)

③PayaLebar駅~Lavender駅

 :East-West Line(黄緑色)

 

 

★チケット購入

日本の販売機と基本的に同じです。販売機の画面はタッチパネルになっていて希望する個所をタッチしていきます。例えば、上の模式図のような路線図が画面に表示されますので、自分の行きたい駅をタッチして選定します。次に必要な料金が画面に表示されるので、紙幣やコインを投入すると切符が購入できます。

 

シンガポールでは言語はEnglishになっていたと思いますが、タイを旅行していた時にはタイ語で表示してある場合が常でしたので、いつも初めに言語表示をEnglishにしてから購入作業を始めていましたのを思い出しました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200424175244j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424175325j:plain

 

 

★eZ-linkカード(参考)

参考になりますが、市内の公共交通機関(バス、電車)で利用できる下の写真に示すカードがあります。東京であればSUICA等に相当する乗り降り、支払いに便利なカードです。駅の窓口で簡単に買えますので、公共交通機関を良く利用される方は是非利用してみて下さい。

 

私もシンガポール滞在中の移動は、公共交通機関だけでしたので当然のごとく購入し頻繁に利用してましたが、実はこのカードを購入する時にデポジットとして5シンガポール(400円位)込みの金額を支払っていたと言うことを日本に帰国してから知り、どのようにすべきかいろいろ思い巡らしております。

 

何度も行かれる方を除き、帰国前に返金して貰うことを忘れないようにして下さい。

 

f:id:mabuhayhappily:20200424150820j:plain
f:id:mabuhayhappily:20200424151542p:plain

 


★From Woodlands St. to Lavender St.

NS9は、North-South Lineの9番目の駅を短縮したものです。日本でも最近は地下鉄の駅等で同様の表示がされるようになってきています。ユニバーサルスタンダード、国際標準の一つなのかも知れません。

 

また、英語の駅名の下に表示されている文字、これは一体全体何語なのでしょうか?私には全く読めません。

 

この英語表記があるから今どこの駅にいるのか理解できますが、下の文字だけであったら本当に困ります。実はここに来る前はタイを廻って来ましたが、タイ国鉄の北線では全ての駅名がタイ語表記だったので、どこで降りればいいのか全く分からずに、ハラハラ、非常に困った経験をしてきております。

 

タイ語も、正にこのような感じで、日本人にとっては記号としか思えないような文字でした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200424204403j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424204438j:plain

 

ホームにも最新式の転落防止用の扉が設置されています。

 

日本とは異なり、扉の近くの席は全て身体の不自由な方のためのプライオリティシートに指定されていました。また、老人(&老人に見える人)が電車に乗ってくると皆さん敏感に反応して席を譲る感じがしました。寝てる振りとか無かったと思います。特に若い方の動きは速かったような気がしてます。

 

撮影をした時期はこの時2月の後半になっていたので、シンガポールでもコロナウイルスの感染が増えてき、電車内でもマスク姿の人が目立つようになって来ていました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200424204537j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424204715j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200424204629j:plain

 

 

 

〇ホテル予約について

 

★ホテルのキャンセル

Aljunied駅の近くにあるDIAMONDHOTELに4泊する予定でしたが、現地についてみるとこの辺り一帯が中国人街の中にあり、目の前には売春小屋と思われるいかにも疑わしい店が軒を連ねており、また、このホテル自体もいわゆる連れ込み部屋のような感じがプンプンしたので、直ぐに他の宿を探しキャンセルすることに。

 

もちろん4泊分の料金は全額払うことになりましたが、それでも耐えられる限度を越していたので他に移ることにしました。私はホテルが古いのは平気なんですが、部屋の中が汚いのはだめです。それにその頃は既に武漢での感染拡大が騒がれていたので、中国人街の中にあると言うのも我慢できなかった理由でした。

 

今回の1ヶ月近い旅行の中で、最初の1泊目とこのホテルの4泊だけ、旅行前に日本で予約していたものでした。その他のホテルは旅行中にその都度予約しながら、或は飛び込みで探してきましたが、全く問題もなく満足するホテルばかりでした。事前に日本から予約していたのが失敗だったのかも知れません。以後、日本で予約するには最初の1泊目だけにするようにしたいと思いました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200424230042j:plain

 

 

★ホテルの再予約と周囲の状況

先程キャンセルしたホテルがある駅から更に2駅先に行ったLavender駅の近くで今夜のホテルを見付けることができました。すぐ近くの駅でしたが、街の様子は落ち着いていて良さそうな感じがするところとなり、思い切って変えて良かったと、そしてどぶに捨ててしまったお金も無駄ではなかったと思うように決めました。

 

下の写真が、これからお世話になるコジーな感じがする小さなホテルです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200425004037j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200425004152j:plain

ホテルの周辺はこんな感じでした。 

f:id:mabuhayhappily:20200425004116j:plain

 

 

 

〇今回のイメージソング

 

この道を / 小田和正 懸命に生きていく!

youtu.be

 

 

 

〇コーヒーブレイク

★ぶらり旅の相棒はこれミラーレス一眼!

mabuhayhappily.hateblo.jp

 

 

★世界中どこにいてもスマホで簡単FX!

mabuhayhappily.hateblo.jp

 

 

★StayHomeを有意義に過ごすオンライン英会話!

mabuhayhappily.hateblo.jp

 

 

 

【My Traveling】

★バンコク 

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

★スコータイ

www.mabuhayhappily.com

 

★ナコーン・パノム

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

★ウボン・ラーチャターニー

www.mabuhayhappily.com

 

★ナコーン・ラーチャシーマー

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

★アユタヤー

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

★クアラルンプール

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

★ジョホールバル

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

 

今回は、これで終わりになります。ありがとうござました。

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

 

↓ ブログ村ランキングに登録しています。よろしければクリックして下さい。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村