【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【東南アジアぶらり旅】タイ~マレーシア~シンガポール編(その16)タイ東部の中心都市ウボン・ラーチャターニーで一人旅~先ずは宿の確保と市内散策1日目!

 

 

 

【東南アジアぶらり旅】タイ~マレーシア~シンガポール編(その16)タイ東部の中心都市ウボン・ラーチャターニーで一人旅~先ずは宿の確保と市内散策1日目!

 

บล็อกนี้แนะนำการท่องเที่ยวของไทยเป็นภาษาญี่ปุ่น

This blog introduces Thailand to Japanese friends. 

 

 

〇INTRODUCTION

今月始めから3週間かけてタイ、マレーシアそしてシンガポールの3カ国を、移住先として何故日本人に人気があるのか、その秘密を探るために廻って参りました。

 

www.mabuhayhappily.com

 

いずれも今回が初めて訪問する国ばかりですので、例えば食事一つとっても何一つイメージがわかず何を食べれば良いのか、どこで食べれば良いのかなど、全く分からないことばかりでしたが、そう言うところが、旅行をより楽しくさせるところでもあり、今回の旅行ではどんなことが起きるのか楽しみにしていました。

 

旅行時期はちょうどコロナウイルスの拡散が始まった時期と重なり、各国での対応も検討中のこともあり最後まで旅行が出来るのか、先が読めない中での旅行となりましたので、その辺の状況も含めていろいろと私なりに経験し感じてきたことをお伝えできればとも思っております。

 

それでは、タイぶらり旅8日目、タイ東部の中心都市ウボン・ラーチャターニーで一人旅~先ずは宿の確保と市内散策1日目について紹介させて頂きます。

 

 

〇FROM NAKHOON PHANOM TO UBON RATCHATHANI

本日はナコーン・パノムからウボン・ラーチャターニーまで310kmの行程を小型のバス(バン)で移動することになります。

 

ナコーン・パノムを11時に出発し、ウボン・ラーチャターニーに到着したのが16時くらいなので約5時間の旅行と言うことに、7時間、8時間はかかるかと思っていましたので早く着いたことにビックリしておりました。

 

私の計画ではムクダ―ハーンかヤソートンで一泊する予定でしたが、ビザの関係でタイに滞在できる期間が最大で15日しか取れないと言うこと、そして私のタイ旅行の計画が15日でしたのでギリギリの旅程となっていることが判明したことから、できればどこかで旅程を一日でも短縮できないかと考えていたこともあり、一気にウボン・ラーチャターニーまで移動することにしました。

 

 

しかしナコーン・パノムとかウボン・ラーチャターニーとか全く聞いたことのない地名ばかりで、そもそもタイを旅行すること自体今回が初めてでしたので、毎日が未知との遭遇、初めての経験ばかりで、刺激的な毎日を過ごすことができ満足しております。

 

タイと言えばバンコクくらいしか知りませんでしたが、バンコクを離れ地方の小さな都市をここまで旅行してきて思うことは、地方に行けば行く程、長閑な生活、ゆっくりとした生活を楽しむことができ、かと言ってどこまで行ってもタイに変わりはないのでそんなに不自由な暮らしをする訳でもありません。

 

これまでにスコータイ、コーンケンそしてナコーン・パノムと転々としてきましたが、それぞれ特徴があり簡単に比較することは出来ませんが、これまでの中では私が老後を過ごすとしたらやはりナコーン・パノム、なんと言ってもあのメコンの素晴らしさを忘れることが出来ません。

 

今回からまた新しい街へ移動します。そこではどんな生活が繰り広げられているのか観ていきたいと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20200211110743j:plain

f:id:mabuhayhappily:20200212105743j:plain

ナコーン・パノムのバスターミナルから、今回は小さなバス(バン)でウボン・ラーチャターニーまで移動します。どんな町なのか楽しみです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212124439j:plain
f:id:mabuhayhappily:20200212124518j:plain

これまで列車、バスで移動してきましたが、必ず橙色の装束を纏ったお坊さんが乗車しておりましたが、今回は始めて白装束の尼さんとご一緒することになりました。 

 

f:id:mabuhayhappily:20200212154610j:plain

ここがウボン・ラーチャターニーの外れにあるバスターミナルです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212154625j:plain

ツーリストのためのインフォメーションもあります。ここに居られるかたは英語ができますので質問などありましたらここで聞いてみて下さい。

 

インフォメーションの隣りにはチケット売り場が並んでます。

 

f:id:mabuhayhappily:20200310185919p:plain

チケットを購入した後は、指定されたバスの搭乗口近くでバスが来るのを待ちます。

 

これまでにバスターミナルは何度か利用してきましたがフリーWi-Fiが用意されているところは有りませんでした。特に、私はフリーWi-Fiが唯一の情報源でしたので、ホテルを出る前には必要な情報を全て保存しておくようにしてました。

 

 

〇TO THE CENTER OF UBON RATCHATHANI

バスで移動中、今夜のホテルを予約していないことに気が付き、実は今回で2回目でしたので良く忘れてしまうのですが、とにかく今夜のホテルを探すことから始めなければなりませんでした。

 

なので、取り急ぎ市内に行き、フリーWi-Fiが使えそうなカフェを探すことに しました。

 

 

f:id:mabuhayhappily:20200212155110j:plain

バスターミナルから市内各所まではローカルバスが出ているので、通常は利用するのですが、今回はタクシーを始めて利用することにしました。

 

上の写真は乗車時に撮影したものですが、初乗りは40バーツ(約140円)でした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212160059j:plain

国立博物館まで行っていただきましたが料金は80バーツもしなかったと思います。日本円にすると本当にたいした金額ではないにも関わらず、こんなにも快適に短時間で目的地に移動することができ、タクシーの良さを改めて知ってしまいましたが、あくまでも今回限りと言うことで今後も行きたいと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20200213131957j:plain

ここがは市の中心部にある国立博物館です。

今回は時間が無いので明日以降また時間を見て訪れたいと思います。

  

 

〇YUU HOTEL UBON RATCHATHANI

何処が繁華街なのか分からずムーンリバーに渡るまでの大通りを中心にWi-Fiが使えそうな今風のカフェを探しましたが全く見あたらず、今度はバスターミナルに戻る方向に進むことにしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212171556j:plain

しばらく進むとやっと洒落た感じのカフェを発見したので入ることに。この時既に5時を過ぎており、1時間近く市内を彷徨っていたことになります。

 

ドラゴンフルーツのジュースを注文した後、Wi-Fiが使えるとのことで早速今夜のホテル探しを始めました。するとなんとここはホテルで、しかも私のお気に入りのドミトリーも有るとのことで、一気に問題を解決。

 

すっきりしたのでSNSの投稿等も続けていると、気が付けば辺りはすっかり暗くなっており、お腹も空いていたので市内を散策することにしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212183001j:plain

1階がカフェ、レストランですが、良く見るとここはホテルでした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200213064620j:plain

f:id:mabuhayhappily:20200212231144j:plain

f:id:mabuhayhappily:20200212231135j:plain

ホテルの中はこんな感じで、快適に過ごすことが出来ます。

 

私の部屋は8人部屋でしたが、この日の利用客は私1人だけ。皆さん私と同じようにホテルだと思わない方が多いのではないでしょうか。

 

とにかく今夜の寝床は確保出来たので一安心です。

 

 

〇WALKING AROUND THE HOTEL

ホテル探しの際に歩き回った時の市内の様子です。

 

今更ですが、タイの交通は左側通行、そして自動車は右ハンドルなので、日本と同じだと言うことをこの時気が付きました。

 

フィリピンはアメリカと同じで、右側通行、左ハンドルでしたので、慣れるまでは凄い違和感を感じるのですが、タイに来てからこれまで全く感じなかったのは、そのためだと言うことが今分かりました。日本と同じだったのです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212162750j:plain

f:id:mabuhayhappily:20200212162357j:plain

f:id:mabuhayhappily:20200310203932p:plain

未だ3年か4年生くらいに見えますが、学校帰りに皆して何か食べてました。

 

クラブか何かの帰りなのでしょうか、皆さん同じジャージに運動靴、しかも髪型も同じスポーツ刈りで統一しているようでした。何を話しているのか分かりませんが、いいですね。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212162433j:plain

綺麗なお寺だったので少し覗かせて頂きました。後で検索してみるとワット・シーウボン・ラッタナーラームと言うお寺でした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212183721j:plain

国立博物館の隣りにある大きな公園です。タイの人は運動が好きな人が多いと思います。ナコーン・パノムでもそうでしたが、夜になると人が出てきて、ここでは公園に集まりランニングや運動をされていました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212183543j:plain

公園の中の広場で見かけた巨大な黄金に輝くオブジェ。良く分かりませんが綺麗でしたので撮らせて頂きました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212183838j:plain

同じ公園の中にはバスケットボールコートが2面あり、そこでも熱心な試合が行われていました。フィリピンでも至る所にコートがあり、夜な夜なプレーが行われていたことを思い出します。

 

話す言葉と宗教こそ違いますが、街の雰囲気も住民の風貌もどことなく似ているような感じがするので、元々は同じ民族だったのではないかと思いました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212184452j:plain

ここも公園の裏側にある建物、皆さん何をされているのか分かりませんが、のんびりした感じがします。

 

 

〇NIGHT MARKET

ここも公園の廻りで見つけたナイトマーケットです。

時間はこの時7時頃、平日の夜でしたが結構多くの人が出ているように感じました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200310204640p:plain

 

Thai Pop Music

youtu.be

 

f:id:mabuhayhappily:20200310204702p:plain

f:id:mabuhayhappily:20200310204614p:plain

f:id:mabuhayhappily:20200310204838p:plain

鍋が並んでます。もしかしたらタイ風なべ焼きうどんかも知れません。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212184955j:plain

写真にあるように、丼ぶりの上にいろいろな具材を載せて食べるようです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200310204906p:plain

焼いたつくねのような感じがします。ケースを見ると5種類くらいありそうです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212184747j:plain

こちらはフィリピンでも定番のBBQだと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212192519j:plain

カップに入ったドリンクが18バーツ(約60円)です。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212185630j:plain

まず初めに戴いたのが、ラーメンと焼き鳥、実際はラーメンでも焼き鳥でもなく、そのように見える食べ物です。

 

mabuhayhappily.hateblo.jp

 

f:id:mabuhayhappily:20200212191830j:plain

つくねのように見えますが、魚のすり身を蒲鉾風にした食べ物だと思います。それにざるに入れた野菜が付いてきました。

 

この野菜は以前、ベトナム料理店で出されたものとほぼ同じでした。生の野菜をそのままバリバリと食べるので、少し心配ではありましたが、既に経験済みだったので、問題なく今回も完食させて頂きました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212192833j:plain

食後にはバナナシェイクの大盛サイズを頂きました。 

 

 

今回はここまでになります。

 

 

 

【My Traveling】 

 

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

 

      

【Enjoy Your Traveling】

 

〇航空券はJALパック!

JALパックなら、お客様のニーズに合わせて様々なプランが用意されています。もちろん日本航空利用コースならマイルもたまりますので、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポールは元よりアジアに旅行される場合には、是非(⇩)こちらからご確認下さい。
 

 

 

 

 

 

〇旅行にはミラーレス一眼レフカメラ!

カメラの進歩は目覚ましく、最近はミラーレスと言うコンパクトでしかも高性能なカメラが出てまいりました。軽量コンパクトで撮りたい瞬間を逃さない、旅行用には最適な一台だと思います。(⇩)詳しい内容はこちらから是非ご覧ください。

 

 

 

〇英会話はゼロ円留学のNILS!

英語がフィリピンの公用語です。

実は私もぶらり旅の最中にこれまでに3回程、セブ島の英語学校にお世話になっており皆様にもお勧めします。

セブ市内で英語留学するならゼロ円留学のNILS!

個人のレベルや希望、予算、予定に合わせてレッスンをカスタマイズしたり留学期間を決めることが可能ですので、またセブの企業にて職業体験(インターン)ができるプログラムも始まりましたので、将来外国企業で働きたい方には是非お勧めのコースとなりますので、(⇩)是非検討してみて下さい。

 

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS  

 

 

 

〇英会話支援ツールは KAZUNA eTalk5

この翻訳機、タイ旅行では必需品かも知れません。現在、タイを旅行していますが、つくづくそう感じています。

英語を読むことはできても、いざ話そうとすると、あれどう表現すれば良いのか出てこないことが良くあります。そんな時に役に立つのが音声翻訳機、英語、中国語、スペイン語など72言語に対応していて瞬時に文章及び音声でも聞くことが出来ます。

またWi-Fi機能を備えているためSIMカードを挿入すれば国内・国外どこでも最大6台までデザリングにて通信可能となるなど翻訳以外の機能も満載している優れもの。

海外旅行や英語学習でも貴方を強力にサポートする今はやりのWi-Fi内臓音声翻訳機について、詳しい内容を知りたい場合は(⇩)是非こちらのサイトをご覧ください。

 

 

 

 

今回は、これで終わりになります。ありがとうござました。

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 


↓ ブログ村ランキングに登録しています。よろしければクリックして下さい。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村