【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【東南アジアぶらり旅】タイ~マレーシア~シンガポール編(その11)タイ東北部コーンケンからラオス国境の町ナコーン・パノムへ高速バスによる大移動~タイの最果ての地メコンを目指して一人旅!

 

 

 

【東南アジアぶらり旅】タイ~マレーシア~シンガポール編(その11)タイ東北部コーンケンからラオス国境の町ナコーン・パノムへ高速バスによる大移動~タイの最果ての地メコンを目指して一人旅!

 

บล็อกนี้แนะนำการท่องเที่ยวของไทยเป็นภาษาญี่ปุ่น

This blog introduces Thailand to Japanese friends. 

 

 

〇INTRODUCTION

今月始めから3週間かけてタイ、マレーシアそしてシンガポールの3カ国を、移住先として何故日本人に人気があるのか、その秘密を探るために廻って参りました。

 

www.mabuhayhappily.com

 

いずれも今回が初めて訪問する国ばかりですので、例えば食事一つとっても何一つイメージがわかず何を食べれば良いのか、どこで食べれば良いのかなど、全く分からないことばかりでしたが、そう言うところが、旅行をより楽しくさせるところでもあり、今回の旅行ではどんなことが起きるのか楽しみにしていました。

 

旅行時期はちょうどコロナウイルスの拡散が始まった時期と重なり、各国での対応も検討中のこともあり最後まで旅行が出来るのか、先が読めない中での旅行となりましたので、その辺の状況も含めていろいろと私なりに経験し感じてきたことをお伝えできればとも思っております。

 

それでは、タイぶらり旅6日目、タイ東北部コーンケンからラオス国境の町ナコーン・パノムへ高速バスによる大移動~タイの最果ての地メコンを目指して一人旅について紹介させて頂きます。

 

 

〇コーンケン市内からバスターミナルへ

現在、早朝の6時50分、シティーバスの路線図を頼りにバスターミナルに向かう最寄りのバス停を目指して歩いてます。

 

地図の上部にロータリーがありますがその周辺にバス停が3個所くらいあるはずなのでどこかで捕まえて乗ろうかと考えています。

 

しかし、路線図はマンガ絵なので実際のバス停がどこなのかは良く分かりませんし、実際に現地にも所謂バス停がある訳ではなかったので、急いでいる時には事前に確認しておくことをお勧めします。

 

とにかくこのマンガ絵にあるロータリーとその中にある仏塔を目印にバス路線を確定し待つことにしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200209193447j:plain

 

ロータリと仏塔を特定できたのが6時50分、本日は7時30分発のナコーパノム行きのバスにのる予定でしたので、バスターミナルまでの所要時間を考えると残り10分くらいの間にバスがこないと間に合わない感じになってきました。

 

せめてあと30分でも早くホテルを出れば良かったのですが、昨夜は久しぶりのホテルに宿泊、早く寝れば良いものを深夜遅くまでSNSやブログの投稿をしてしまったことが悔やまれます。

 

ここがマンガ絵にあるロータリーの中にある仏塔です。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210065319j:plain

 

朝焼けの中のコーンケン市街です。

 

ちょうど托鉢に向かうお坊さんに遭遇したので一枚撮らせて頂きました。

 

タイに仏教が伝わったのがいつ頃なのか良く分かりませんが、古来から同じように毎朝繰り返されてきた行いを、現代の街角で今なお同じようにその姿を観れることに対して上手く言えませんが感じるものがあり撮らせて頂いたものです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210064930j:plain

 

バスが現れたので乗車できましたが、この時既に7時5分、順調に行っても7時30分のバスに乗れるのか微妙な時間帯となっていました。

 

因みにバス停は有りませんが、ロータリーの廻り、バスのルート上であれば何処でも乗車できると思います。手を上げて合図してみてください。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210070736j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200210070740j:plain

 

バスステーションに到着、この時7時25分、なんと発車時刻の5分前でした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210072647j:plain

 

 

〇コーンケンからラオス国境の町ナコーンパノムへ

昨夜のうちに調べておいたちチケット売り場に向かうと、そこには販売員の方がちゃんと私が来るのを待っていてくれました。

 

一応このバスの行き先を再確認して、間違いなくナコーンパノム(?)に行くことが確認できたのでチケットを購入、時刻表によると所要時間は6時間と言うことになっていましたが、プラス2時間くらいはかかると思っておいた方が良いと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20200302012821p:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200302012840p:plain

 

バスの中はこんな感じ、冷房あり(効きは悪い)で全席指定席となってました。

 

初めは空いてますが後からけっこう乗車してくるので、今回は乗車することが出来ましたが、全席指定席なので出来れば前日のうちにチケットを購入しておいた方が確実かと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210074024j:plain

 

ターミナル内にはセブンイレブンもありますので、出発前に必要なものは購入することもできます。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210072650j:plain

 

コーンケンを7時30分ちょうど、予定通りに出発しました。

 

実はタイ語での発音が分からないので、それらしいイントネーションで何回か繰り返したらなんとなく販売係の人に通じたようなので、ナコーンパノムに行けるとは思ってはおりましたが、本当にこのバスが目的地にいくのかどうか不安なところもあり、半分はどうにかなるさと言う感じでもいました。

 

 

何故か私が行くところは、グーグルマップが上手く作動しない場所が多く、このこともどこに居るのか、どこに行くのか不安になる大きな原因となってます。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210084115j:plain

 

畑の中を走ること2時間弱、カーラシンと言う小さな町に停車した際に車内まで売りにきたおばさんから購入したピーナッツです。これだけ入っていても20バーツだったと思います。

 

長旅のお供はやはりピーナッツがベストです。実はバンコクからピッサヌークへ向かう夜行列車の中でも購入していたので、今回が2度目と言うことになります。

 

このピーナッツですが、見た目は日本のものと同じですが食べると全然違うのでビックリすると思います。

 

もしかしたら日本にもあるのかも知れませんが、このピーナッツは枝豆みたいにゆでてあり、程よい塩味もついてます。なので、殻が柔らかく簡単に剥いて中の実を食べることができます。

 

私個人的には大好きになってしまい、今回もすかさず購入してしまったと言うところです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210091253j:plain

 

途中通過する小さな町。

 

あの乗り物、フィリピンのトライシクルに似てるような気が、あの建物も、何故かフィリピンを思い出させます。私だけでしょうか。

 

f:id:mabuhayhappily:20200302024101p:plain

 

コーンケンからナコーンパノムに向かう大草原の中の道路、2車線を4車線に、4車線を6車線に拡幅する工事が延々と行われてます。タイ全土で道路整備を急速に進めているのではないかと思います。

 

この木は何の木か分かりませんが、街路樹にでもするのでしょうか、道路沿いで時々集中的に植林し育てている感じがしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210131627j:plain

 

ナコーンパノムに14時に到着、コーンケンを7時30分に出たので所要時間は6時間30分、予定時間は6時間でしたのでほぼ予定通りに到着したことになります。
 

f:id:mabuhayhappily:20200302030715p:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200210140547j:plain

 

連日バスによるハードな移動が続いたので、ナコーンパノムでは連泊してのんびりすることにしました。

 

なので、次のバスチケットは明日、前日に買うことになります。

 


〇バスターミナルからホテルへ移動

バスターミナルは町はずれにありますが、小さな町なので歩いても十分に回ることが出来ます。

 

街中をぶらぶらするのが好きな私にとっては、ナコーンパノムはちょうど良いサイズの街でした。

 

 

もちろん、たくさん荷物がある方や歩くのが苦手な方には、バスターミナルの中にソンテオやタクシーが並んで待機してますのでご安心下さい。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210140751j:plain

 

この街にはドミトリーが無かったので、今回はその代わりにゲストハウスと言うところに泊ることにしました。

 

ランク付けするとホテル、ゲストハウス、ホステル、ドミトリーみたいな感じになるのではないかと思います。

 

ゲストハウスも泊るのは初めてなので、どんな感じなのか楽しみです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210140844j:plain

 

街の風景はこんな感じでした。

 

建物は古そうですが、街全体が綺麗に清掃がされていていい感じです。売られている洋服もなんとなく時代を感じ、タイムスリップしたような感じがしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210141153j:plain

 

この街並み、いい感じです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210142325j:plain

 

ここが今回泊るゲストハウスの「KHiD NAPPING」です。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210142558j:plain

 

Cafeがフロントを兼ねてました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210152605j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200210152607j:plain

 

部屋の中になります。ピカピカに掃除されていてとても快適です。私は、ドミトリーとかに慣れてきたせいか、広すぎて少し落ち着かない感じがしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200210143158j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200210151628j:plain

 

今回はこのホテルに連泊して久しぶりにのんびりと過ごすので、次回はタイ東北部最果ての地ナコーンパノムについてじっくりと紹介させて頂きます。

 

それではまた。

 

 

 

【My Traveling】 

 

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

  

  

   

【Enjoy Your Traveling】

 

〇航空券はJALパック!

JALパックなら、お客様のニーズに合わせて様々なプランが用意されています。もちろん日本航空利用コースならマイルもたまりますので、フィリピン、タイ、マレーシア、シンガポールは元よりアジアに旅行される場合には、是非(⇩)こちらからご確認下さい。
 

 

 

 

 

 

〇旅行にはミラーレス一眼レフカメラ!

カメラの進歩は目覚ましく、最近はミラーレスと言うコンパクトでしかも高性能なカメラが出てまいりました。軽量コンパクトで撮りたい瞬間を逃さない、旅行用には最適な一台だと思います。(⇩)詳しい内容はこちらから是非ご覧ください。

 

 

 

〇英会話はゼロ円留学のNILS!

英語がフィリピンの公用語です。

実は私もぶらり旅の最中にこれまでに3回程、セブ島の英語学校にお世話になっており皆様にもお勧めします。

セブ市内で英語留学するならゼロ円留学のNILS!

個人のレベルや希望、予算、予定に合わせてレッスンをカスタマイズしたり留学期間を決めることが可能ですので、またセブの企業にて職業体験(インターン)ができるプログラムも始まりましたので、将来外国企業で働きたい方には是非お勧めのコースとなりますので、(⇩)是非検討してみて下さい。

 

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS  

 

 

 

〇英会話支援ツールは KAZUNA eTalk5

この翻訳機、タイ旅行では必需品かも知れません。現在、タイを旅行していますが、つくづくそう感じています。

英語を読むことはできても、いざ話そうとすると、あれどう表現すれば良いのか出てこないことが良くあります。そんな時に役に立つのが音声翻訳機、英語、中国語、スペイン語など72言語に対応していて瞬時に文章及び音声でも聞くことが出来ます。

またWi-Fi機能を備えているためSIMカードを挿入すれば国内・国外どこでも最大6台までデザリングにて通信可能となるなど翻訳以外の機能も満載している優れもの。

海外旅行や英語学習でも貴方を強力にサポートする今はやりのWi-Fi内臓音声翻訳機について、詳しい内容を知りたい場合は(⇩)是非こちらのサイトをご覧ください。

 

 

 

 

今回は、これで終わりになります。ありがとうござました。

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 


↓ ブログ村ランキングに登録しています。よろしければクリックして下さい。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村