【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【東南アジアぶらり旅】タイ~マレーシア~シンガポール編!退職後の移住先はどうする~フィリピン移住前の最終確認(その2)バンコク1日目!

 

 

 

 

【東南アジアぶらり旅】タイ~マレーシア~シンガポール編!退職後の移住先はどうする~フィリピン移住前の最終確認(その2)バンコク1日目!

 

f:id:mabuhayhappily:20200212072308j:plain

 

บล็อกนี้แนะนำการท่องเที่ยวของไทยเป็นภาษาญี่ปุ่น

 

 〇INTRODUCTION

今月始めから3週間の予定でタイ、マレーシアそしてシンガポールの3カ国を観光してくる計画を立てています。

 

www.mabuhayhappily.com

 

いずれも今回が初めて訪問する国ばかりですので、例えば食事一つとっても何一つイメージがわかず何を食べれば良いのか、どこで食べれば良いのかなど、全く分からないことばかりですが、そう言うところが、旅行をより楽しくさせるところでもあり、今回の旅行ではどんなことが起きるのか今から楽しみにしています。

 

その前に何でタイ、マレーシアそしてシンガポール旅行なのか、、、?

 

実は私ごとになりますが今年の7~8月くらいからフィリピンに移住することを決めておりますが、その移住先選定の際にこの3カ国は比較対象国の中では常に上位を占めていて、正直なところ移住先としてフィリピンを選んだことが本当に良かったのか、机上の比較だけで本当に良かったのか、今でも気になる時があります。

 

www.mabuhayhappily.com

 

このままではいけないので、ならば実際に現地を観て生活してみて判断した方が良いと考え、急遽飛び立つことにした次第であります。

 

と言うことで今回の主な目的は、これらの国に移住した際にどのような生活ができるのか、各地を転々としながら、人々の生活に主眼を置いて私なりに観ていきたいと思ってます。

 

もちろん訪問先で観光地があればそのレポートもさせて頂きますので、これまでにフィリピンでしてきた『ぶらり旅』のタイ、マレーシアそしてシンガポール編と言う感じになります。

 

それでは、タイ旅行1日目から始めさせて頂きます。

 

〇成田からドンムアン国際空港へ

私のフライトは2月5日成田発14時25分のエアアジアです。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212072347j:plain

 

今回はコロナウイルスの発生もあり、成田空港を利用する中国人の方の姿は殆んど見ることがありませんが、空港内はいつもと同じく大勢いの旅行者でいっぱいでしたので少し安心しました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212073333j:plain

 

私のチケットは、1ヶ月位前に航空券比較サイトにて検索して一番安い便を選んだので、実際に発見カウンターにて搭乗チケットを手に入れるまで少し不安な気持ちでカウンターに向かう列に並んでいました。

 

しかもエアアジアの発見カウンターだけ、案内の矢印(⇨)がターミナルの出入り口の外に向いています。如何にも何かありそうな怪しげな感じのする搭乗手続きでしたがなんとかチケットをゲットすることができ一安心。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212073444p:plain

 

但し一つだけカウンターの方から注文がありました。

 

今回の私の旅程はタイを観光した後、陸路にてマレーシア、そしてシンガポールに渡り、そこから日本に帰るように考えていましたので、タイを出国する際の航空券は所持していませんでした。電車でマレーシアに渡るのでチケットは持ってませんでした。

 

通常はタイから国外に飛ぶ航空券を持っていれば、30日間のビザなし入国が認められますが、今回の私の場合はこれに該当しないことから、エアアジアのチケットカウンターの方から、もしかしたらタイの入国審査の際に入国を拒否される可能性があると言われ大変不安になりながらのフライトとなりました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212073810j:plain

 

搭乗待ちの際に時間があったので、ネット良く調べてみると、

・タイを出国する航空券を持っていると30日のビザなし滞在が可能

・それ以外は事前に観光ビザを取得することが必要

・但し、15日以内の滞在はビザなしでOK 

 

私の計画ではタイの滞在期間は2月5日から19日なので、滞在日数はぎりぎり15日でセーフ、、、少し安心しましたが、何か係官から言われた際に、私のつたない英語力でこのことを上手く説明できるのか、そのまま日本へ送還されてしまうのか、等と考えつつタイまでの長い長いフライトが始まりました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212074154j:plain

 

タイのドンムアン空港に着いたのが夜の8時過ぎ、心配していた入国審査管からは特に質問もなく、スタンプを押して頂きました。良かった、、、これで15日間はタイに居れるので予定通り一日の狂いもなく進行できることを願いつつ、私の旅行が始まりました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212082736j:plain

 

荷物受取り場所への通路にて、コロナウィルス確認のために熱センサーが設置されてました。全員では有りませんが、個別に質問されている方もおりましたが、大半の方がそのまま通過しております。今回は問診票などの記入、提出も有りませんでした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212074335j:plain


  

〇ドンムアン空港から市内のホテルへ

私は、市内のクルンテープ駅の近くのホテルを予約していたので、ドンムアン空港からは電車1本で行けると安易に考えていました。

 

 

グーグルマップを見ると空港からクルーンテープ駅は線路で繋がっていたのでそう思いってましたが、、、

 

空港を出た後、電車の駅に向かいチケットを購入しようとしましたが、クルンテープ駅に向かう電車は既に終了したとのことでした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212082242j:plain
f:id:mabuhayhappily:20200212082309j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200212082340j:plain
f:id:mabuhayhappily:20200212082410j:plain

 

なので、もう一度空港まで戻りどうするか考えか結果、空港の出口の前からバス待ちする方がたくさんいたので、係の方らしき方に市内に行くバスはどれか教えて頂き、確かA1と言ってましたので、とにかくそのバスに乗り込み空港を離れることにしました。

 

タイの方は殆んどが英語を話せないのと、私も全くタイ語が解らないこともあり、こういう時は本当に困ります。何を言ってもお互いにちんぷんかんぷん、フリーWi-Fiも使えないので、それが正しいのか間違っているのか、どこに向かうのか、どこで降りるのかわからないまま、とにかくA1のバスに乗りこんだ感じでした。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212110339j:plain

 

このバス結構混んでます、やはりここタイでも当然のように皆さんマスクを着用している方が多かったです。さてとどこで降りれば良いのか考えていると、大勢のお客さんが一斉におりていくバス停がありましたので、私もつられて降りることにしました。

 

どうやらここは私が求めたクルンテープと言う駅では有りませんでしたが、近くにBTSと言う高架の上を走る電車の駅がありましたのでとにかく行ってみました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212110504j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200212110533j:plain

 

これが切符販売機ですが、タイ語で書かれていると全く分かりません。ところが良く見ると上の方にENGLISHの文字がありましたので、押してみると英語表記に切り替えることが出来ました。

 

後はお金を入れて行きたい駅にタッチすれば切符が購入できます。

 

私の場合は、SalaDaengと言う駅でしたので、そこをプッシュ。確か20バーツもしなかったような気がしてます。タイの電車はすごく安い感じがしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212110636j:plain
f:id:mabuhayhappily:20200212110605j:plain

 

実は、ホテルを予約した時に、ホテル周辺のグーグルマップを写真に残しておいたのですが、その地図にクルンテープ駅の他に、たまたまこの路線のSalaDaengと言う駅が載っていたので助かりました。ネットが繋がらなくても写真は見れるのでいつも写真に残すようにしていたので助かりました。

 

切符の買い方も乗り方も全く解らないので、隣で購入していたお嬢さんに身振り手振りでお願いしてなんとか切符を購入し、更に途中までご一緒させて頂きました。ありがとうございました。

 

聞くところによると、この方は日本人のドクターが書いた医学書の英語版を持っていたので、何者なのかと思い英語で少し質問してみましたが、やはりちんぷんかんぷん。私の発音が悪いのかも知れませんが、簡単な質問しかしてませんのでそう言うことはないかと思います。多分、タイでは英語を話せる方は殆んどいないのではないかと、今回の件で実感させられました。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212110712j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200212110747j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200212113105j:plain

 

この後はグーグルマップの写真を頼りにホテルに辿り着いたのが夜の10時30分。ドンムアン空港に着いたのが8時だったので、なんと2時間30分も市内をぶらり旅していたようでした。疲れましたがその日のうちに辿り着けて良かったと思ってます。

 

お昼から何も食べていなかったので、先ずは近くのお店で腹ごしらえ。閉店間近でしたがフライドライス、野菜の炒め物に春巻きの3点、どれも美味しく頂きました。お店の方に感謝です。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212112851p:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20200212112826j:plain

 

今夜のホテルは、iSanookHostel。ドミトリーと言って一部屋に8人もの人が一緒に泊るタイプの宿です。フィリピンでもこれまでに一度も利用したことがなく、今回がドミトリー初体験になります。

 

f:id:mabuhayhappily:20200212112646j:plain

 

私は夕食を食べ終えて部屋に戻ったのが、夜の11時30分近くになっていましたが、どういう訳か部屋にはまだ殆んどいませんでした。何時なのか分かりませんが夜中にぞろぞろと戻ってきたので皆さん仲間だったのかも知れません。私は翌朝6時には部屋を出ていったので、この方たちとは一切顔お合わすことはありませんでした。

 

建物、部屋、シャワー、トイレ、いずれも綺麗に掃除されていたので良かったし、特に他の人にも気を使うことも無く、更に2泊で300バーツ(1000円くらい)と言うとても魅力的な料金設定は、一人旅の私にとってはこの上ない魅力的な存在かと思いました。ドミトリー、機会があればまた利用しようかと思いました。

 

今回はここまでになります。

 

 

 

【My Traveling】 

 

www.mabuhayhappily.com 

www.mabuhayhappily.com 

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

www.mabuhayhappily.com

 

 

 

【Enjoy Your Traveling】

〇旅行ガイドは地球の歩き方!

若いころから一人旅をしてきましたが、旅の相棒は今も変わらず『地球の歩き方』

(⇩)いざという時の強い味方、皆さんにもお勧めの一冊です。

  

 

 

〇英会話はゼロ円留学のNILS!

英語がフィリピンの公用語です。

実は私もぶらり旅の最中にこれまでに3回程、セブ島の英語学校にお世話になっており皆様にもお勧めします。

セブ市内で英語留学するならゼロ円留学のNILS!

個人のレベルや希望、予算、予定に合わせてレッスンをカスタマイズしたり留学期間を決めることが可能ですので、またセブの企業にて職業体験(インターン)ができるプログラムも始まりましたので、将来外国企業で働きたい方には是非お勧めのコースとなりますので、(⇩)是非検討してみて下さい。

 

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS  

 

 

 

〇ホテル・航空券の予約は、世界3億人から信頼される予約サイトで!

ナスダックにも上場する世界最大級のオンライン旅行会社なので、ホテルも航空券も各種割引サービス等を考慮して、お得なプランを皆様に提供しています。

また、24時間対応のお客様サービスは好評をいただいております。

今月から約一カ月かけてタイ、マレーシア、シンガポールと旅行してきますが、帰りの飛行機はいろいろ比較した結果、このサイトで購入させて頂きました。これからもより良いプランの提供をお願いします。

 

【Trip.com】公式サイト

 

 

 

 

〇英会話支援ツールは KAZUNA eTalk5

英語を読むことはできても、いざ話そうとすると、あれどう表現すれば良いのか出てこないことが良くあります。そんな時に役に立つのが音声翻訳機、英語、中国語、スペイン語など72言語に対応していて瞬時に文章及び音声でも聞くことが出来ます。

またWi-Fi機能を備えているためSIMカードを挿入すれば国内・国外どこでも最大6台までデザリングにて通信可能となるなど翻訳以外の機能も満載している優れもの。

海外旅行や英語学習でも貴方を強力にサポートする今はやりのWi-Fi内臓音声翻訳機について、詳しい内容を知りたい場合は(⇩)是非こちらのサイトをご覧ください。

 

 

 

 

今回は、これで終わりになります。ありがとうござました。

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 


↓ ブログ村ランキングに登録しています。よろしければクリックして下さい。 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

#mytraveling #traveling #mysecondlife #secondlife #cebu #mindanao

#東南アジアぶらり旅 #タイ #マレーシア #シンガポール

#退職 #老後 #フィリピン #移住 #セブ島観光ぶらり旅 #ミンダナオ島ぶらり旅