【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【異常事態発生】豚コレラ!フィリピンでも日本でも感染拡大中!

 

 

豚コレラって、最近良くメディアを通して聴くようになりました。

日本以外でも私が好きなフィリピンでも感染が報道されているので、今回少し調べてみることにしました。

 

 

【豚コレラって何ですか?】

〇豚コレラとは

現在日本で見られている豚コレラとは、豚コレラウイルスによる豚とイノシシの感染症で、伝染力や致死率が非常に高いことから法定伝染病に指定されています。

 

日本ではこの豚コレラの感染が問題になっています。これに対し中国、韓国、フィリピン等世界的に広まっているのはアフリカ豚コレラと呼ばれています。このアフリカ豚コレラについては、別項にて説明しております。

 

 

〇感染方法は?

感染は、一般にはウイルスに感染した豚が排出する糞や唾液等に接触することで感染が拡大していく接触感染である。

 

また、発病した豚やイノシシの精肉やその加工品製造においてもウイルスの感染が広がる場合も確認されている。

 

〇発症した場合の症状は?

豚コレラに感染すると、高熱を出し、元気がなくなる等の症状から始まり、便秘、下痢、下腹部等で発疹や紫斑が見られるようになり、震え、起立困難等の症状が現れるようになる。ほとんどの場合、発症後1週間程度で死亡に至るようである。

 

〇人間へ感染は?

豚コレラは、人間に感染することはない。

 

日本では感染した豚が市場に流通することは無いが、仮に感染した豚を食べた場合でも、内閣府食品安全委員会によると人体への影響は無いとしている。

 

〇感染した豚はどうなる?

豚コレラの治療法はないため、感染した豚は全て殺処分されるそうである。

 

〇日本は豚コレラの清浄国なのか?

日本は豚コレラが蔓延する国でしたが、ワクチンの開発により1992年以降は豚コレラの感染が見られなくなり、2007年以降は国際獣疫事務局(OIE)が定める豚コレラ清浄国となっていた。

 

しかし、その後2018年に岐阜県にて発症が確認されてからは、現在では清浄国一時停止中と言うランク付けになっています。

 

因みに、北米、オーストラリア、スウェーデン等では、清浄化を達成し清浄国に指定されています。

 

また、清浄国とは、豚コレラが発生していない、または、ワクチン接種により撲滅された国のことを言います。

 

 

【豚コレラ感染拡大中】

〇現在の感染状況

2018年9月9日岐阜県で始まった感染が、その後、愛知県、長野県、滋賀県、大阪府、三重県、福井県へと拡大し、9月13日には埼玉県秩父市でも感染が確認され、関東エリアへの拡大が心配されている。

 

関東は九州に続き養豚が盛んなエリアであり、感染した場合の被害は大きなものとなることから、埼玉にて感染を止めることが最重要課題となっている。

 

f:id:mabuhayhappily:20190918154720p:plain

出典)豚コレラについて:農林水産省

 

 

 【養豚農家からの要望】

全国養豚協会が本年9月14日に関東協議会を開催している。

 

その中で、各養豚農家からは次のような要望が寄せられていた。

・茨城県は全国で3番目に養豚農家が多く、殺処分となった時の被害の大きさを考えるとワクチン接種を要望する。

・養豚農家で出来ることは限られている。ワクチン投入は必要不可欠である。

・豚コレラ発生から1年も経過しているが、国は何をしてきたのか?

・イノシシ用の防護柵は決定的な対策にはならない。輸入に影響が出たとしてもワクチン接種を要求する。

 

と言うことで、国に対してワクチン接種を要望する声が大半を占めています。

 

 

【日本政府の対応】 

農林水産省は、昨年岐阜県で豚コレラが確認されてから、野生のイノシシによる媒介を想定し、ワクチン入りの餌をばらまく等の対策を実施してきた。

 

しかし、今回中部から関東に飛び火してきたことから、イノシシ以外の感染経路についても調査を始めたそうである。

 

農林水産省では、本日(9月18日)13時から「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」を開催しています。

 

豚コレラを予防するために、ワクチンを使用するかどうかが議論されていることと思います。

 

養豚農家をそして産業を守るためにも、ワクチン接種をためらうことなく速やかに実施していただきたいと思っています。

 

何故ワクチン使用をためらうのか、それは以下の図面を見ていただくと良く解ります。

日本は現在黄色く着色された清浄国一時停止中と言うランク付けになっていますが、ワクチンを使用するとピンク色の豚コレラ非清浄国と位置図けられるためです。

 

豚コレラに対する評価が変われば、産業にも影響が出て来ると思われますが、国内の農家に与える影響を第一に考えていただきたいと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20190918184700p:plain

出典)豚コレラについて:農林水産省

 

 

【アフリカ豚コレラって何ですか?】

〇アフリカ豚コレラとは?

アフリカ豚コレラとは、アフリカ豚コレラウイルスが豚やいのししに感染する伝染病で、致死率が非常に高く法定伝染病に指定されています。

 

〇感染方法は?

ダニの媒介や、感染した豚との接触により感染が拡大します。

 

〇人間へ感染は?

アフリカ豚コレラは、人間に感染することはない。

 

〇日本はアフリカ豚コレラの清浄国なのか?

日本は現在、アフリカ豚コレラに対しては清浄国となっています。

 

非清浄国の分布を以下に示しますが、日本は非清浄国に取り囲まれた状態にあります。

今年7月にはフィリピンで、9月には隣の韓国でもアフリカ豚コレラの感染が確認されています。豚コレラに続きアフリカ豚コレラに対しても、厳戒態勢を持って取り組んでいっていただきたいと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20190918190546p:plain

出典)http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/asf.html

 

 

【異常事態発生】

今回は、豚コレラについて紹介させていただきました。

 

農林水産省の会議室内では、現在もその対策、予防について活発に議論されていることと思います。

 

今月14日に埼玉県にて感染が確認されてから既に5日間が経過しようとしています。

 

豚コレラはウイルスによる感染症です。感染経路が不明な中、有効な対策が打てないままずるずると国による対策が伸びることは許されません。一刻も早い対応をお願いします。

 

更に、豚コレラはワクチンが効きますが、アフリカ豚コレラには現在ワクチンもなく有効な対策がありません。日本への侵入を許したら、国内の養豚農家は、豚コレラを遥かに凌ぐ被害を被る可能性があります。

 

観光大国を目指す我が国には、年間数千万人にも及ぶ観光客が訪れています。アフリカ豚コレラ保有国から来られる方がほとんどです。

 

また、日本から出国する海外旅行者も年々増加しており、これも然りです。非清浄国を旅行される皆さんの協力が必要となる事は言わずもがなです。

 

日本が非清浄国となるのも時間の問題かと思います。

 

アフリカ豚コレラは、すぐそこまで迫っています。豚コレラと同時に会議の議題に挙げて真剣に対策を議論して頂きたいと切に思います。

 

養豚農家ファーストの対応を期待します。

 

 

今回は、ここで終わりになります。ありがとうございました。 

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

www.mabuhayhappily.com

 

 

 

 


9月に入り秋の気配を感じるようになってまいりました。

と言うことで、秋の夜長を楽しむためのパーツをいくつか用意させていただきました。

 

まず、始めはタブレットタイプの第9世代電子書籍Kindle Oasisです。

 

 

2番目がタブレット用のブックスタンド、長時間の読書には必需品です。

 

 

最後が、秋の夜長にやっぱり楽しみたい一冊、深田恭子写真集 This Is Me です。

 

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。宜しければクリックして下さい。 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村


#フィリピン #豚コレラ #アフリカ豚コレラ #清浄国 #非清浄国 #ワクチン接種