【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【2018年ミスユニバース世界大会】優勝したのはフィリピン代表のカトリオナ・グレイ Amazing!

 

f:id:mabuhayhappily:20190815044426j:plain

 

【2018年ミスユニバース世界大会】

皆さんこの方はご存知でしょうか?

2018年のミスユニバース世界大会に優勝されたフィリピン代表のカトリオナ・グレイさんです。

因みに最近10年間の歴代優勝者を調べて見ると次のおり、フィリピン代表が2度も優勝していました。

しかもアジアで選ばれているのはフィリピンだけでした。
また、優勝回数が多いのは南北アメリカ大陸で7回(北米2、南米5)となってます。

2018 フィリピン カトリオナ・グレイ

2017 南アフリカ デミ・リー・ネル・ピーターズ

2016 フランス  イリス・ミトゥネール

2015 フィリピン ピア・ウォルツバック

2014 コロンビア パウリナ・ベガ

2013 ベネズエラ マリア・ガブリエラ・イスレル

2012 アメリカ  オリビア・カルポ

2011 アンゴラ  レイラ・ロペス

2010 メキシコ  ヒメナ・ナバレッテ

2009 ベネズエラ ステファーニア・フェルナンデス

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sun kissed 🌞🌴

Catriona Grayさん(@catriona_gray)がシェアした投稿 -

 

前からフィリピンには綺麗な方が多いと思ってましたが、どうやら私の見る目に間違いはなかったみたいでホットしました。

そしてお二方に共通する点があります。それはお父さんがどちらも外国人だと言うことです。カトリオナさんのお父さんはオーストラリア人で、ピアさんのお父さんがドイツ人だそうです。

最近、堅い話題が多かったので、今回は少し軽めに「ハーフ」をテーマにて、進めていきたいと思います。

 

www.mabuhayhappily.com

 

【ハーフ(mixed)】 

※これまでハーフとかクウーターとか呼ばれてましたが、差別用語と捉えられる場合もあり、ここでは逆に素晴らしい能力を秘めた方々と言うような思いを込めて呼ばせていただくことを、まず先に述べさせていただきます。

 

フィリピンはマレー系を始めとする多民族国家である。 

マレー系の中にはタガログ族、ビサヤ族等、イロカノ族、モロ族等20以上の部族が居るとも言われ、更に古くは華人やスペイン人、近年では日本人、アメリカ人等とのハーフ、クウーターも加わり、現代ではその率は全体の90%に及ぶとも言われ、このような多民族国家を形成するようになっている。

日本がこれまで単一民族で来れたことは、世界の中では非常にまれなことだったのではないでしょうか。フィリピンのような民族間、或は、移民等との融合が進み、多民族国家となっていくことは、自然な姿なのではないでしょうか。

ヨーロッパやアメリカでは、昔から当然のようにミックスが繰り返され、今では多民族国家の代表みたいになってます。特にアメリカ自体が移民から始まってできた国家であり、これまでにミックスをくり返している方が大半ではないかと思います。

日本でも人口減少社会を迎え、最近は技能労働者と呼んでいますが、いわゆる名目移民を受け入れていくようになってきました。今後は日本国内でのミックスも当然のごとく急増していき、将来はフィリピンやアメリカと同じような多民族国家に移行していくことが予想されます。

 

【日本で活躍するハーフのスポーツ選手】

〇100m

 ★サニブラウン・アブデル・ハキーム 

   父:ガーナ人、母:日本人

   自己ベスト 9秒97(2019年)

 ★ケンブリッジ飛鳥アントニオ 

   父:ジャマイカ人、母:日本人

   自己ベスト 10秒08(2017年)

 

〇バスケットボール

 ★八村塁

   父:ベナン人 、母:日本人

   NBA ワシントン・ウィザース ドラフト9位

 

〇柔道

 ★ベイカー茉秋

   父:アメリカ人、母:日本人

   リオデジャネイロ90kg級 金

 

〇サッカー

 ★田中マルクス闘莉王

   父:日系ブラジル人、母:イタリア系ブラジル人

   元日本代表、京都サンガFC

 

〇レーサー

 ★鈴木亜久里

   父:フランス人、母:日本人

   F1 1990  日本GP  3位

                      1990  総合   12位

 

スポーツ選手の場合は、全てのスポーツに共通していたのが、母親が日本人で、父親が運動神経に卓越する外国人との組み合わせになっていることです。

これは、日本全体としてこういう組み合わせが多いと言うことではなくて、スポーツ選手としての才能が抜きん出てくるのは、お父さんが運動能力に優れる外国人の場合に多いと言うことだと思います。

 

【日本で活躍するハーフの芸能人】

フィリピン人のミスユニバースが大活躍していたので、ここでは日本人とフィリピン人のハーフで、活躍している芸能人を探してみました。

若い人ばかりなので良く解らないかも知れませんが、ご覧ください。

解りますか、それは失礼しました。

 

〇芸能人 

 ★ラブリ 

   父:日本人、母:フィリピン

   モデル、タレント

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Hair @rei_fukuoka Make @tomomi_shibusawa Tops @lautashi ❤️ @shiseido

loveli / 白濱イズミさん(@loveli_official)がシェアした投稿 -

 

 ★中島健人 

   父:日本人、母:フィリピン人

   Sexy Zone、ジャニーズ

 

 

 ★秋元才加 

   父:日本人、母:フィリピン人

   AKB48、比観光親善大使

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

トレーナーみたいな写真が撮れました😂

秋元才加さん(@areasayaka)がシェアした投稿 -

  

フィリピン人とのハーフは、ネットでも容易に調べられるほど、日本にはたくさんの芸能人の方が活躍されていました。ここに示した方は、ほんの一例になります。

共通して言えることは、スポーツ選手の場合とは逆で、母親がフィリピン人で、父親が日本人の組み合わせとなっていました。

これはミスユニバースの場合と同じで、母親がフィリピン人の場合は、美人になる可能性が高いのでしょうか。それとも、単純に結婚相手として綺麗なフィリピン人を選んでいるだけなのでしょうか?そこまで深く調べることは出来ませんので、実際のところは良く解りませんが、結果として綺麗な方が多いのは確かです。

 

【韓国で活躍するハーフ】

韓国人歌手、ハーフで検索するとベスト20が見つかりましたので列記します。

ますます私には解らなくなっていきます。皆さんはご存知なのでしょうか?

 

TOP1 チョン・ソミ    父:カナダ人

TOP2 チャン・ウォニョン 父:台湾人

TOP3 ティファニー    父:アメリカ人

TOP4 バーノン      母:アメリカ人

TOP5 テウン       父:日本人

TOP6 マーク       父:カナダ人

TOP7 クリスタル     父:アメリカ人

TOP8 カンナム      父:日本人

TOP9 ジョシュア     父:アメリカ人

TOP10 アロン      父:アメリカ人

参考)

https://haryu-korea.net/half-geinoujin

親の情報は、Wikipediaによる 

 

韓国ではアメリカ人とのハーフが好まれているようでした。

韓国ではフィリピン人とのハーフはベスト20には出てきませんでした。何度か検索しても見つからないので人気がないのかも知れません。

フィリピン人とのハーフは、ミスユニバースにも選ばれているように大変綺麗な方が多く、特に日本では好まれていることが確認できましたが、お隣の韓国では日本とは対照的な結果になっていました。何故でしょうか。

もしかしたら、前回の投稿の際に調査した【アジアでの好感度ランキング】が関連しているのかも知れません。

簡単に前回の調査結果を振り返りますと、アジア太平洋10カ国(豪州、米国含む)を対象に行われた好感度調査では、日本が好感度第1位、韓国が好感度第4位(最低)となっていました。

これより、私の全くの推測になりますが、日本人は人気のあるアジアで国際結婚の相手を求め、勿論フィリピン人の人気は非常に高いものがあります。これに対して韓国人はアジアを敬遠して、昔から繋がりの深いアメリカに相手を求めているのかも知れません。

前回調査結果は  ↓  こちらをご覧ください。 

www.mabuhayhappily.com

 

【実際にはハーフも我々と同じ】

先程、ハーフの用語を定義する際に、差別用語として使用していません。秀でた能力を秘めた方々として敬意を表して使わせていただく旨を始めに書かせていただきました。

がしかし、このような宣言自体が本来は無用なことであり、ハーフだから綺麗だとか、優れているとか、全く関係ないと思います。ハーフも私たち日本人も何一つ変わるところはなく、綺麗な人もいれば、そうでない人もいて、また、運動能力に優れた人もいれば、そうでない人もいるのだと思います。

例えば、サニブラウン・アブデル・ハキームさんが10秒を切れたのも、決して父親から受け継いだ能力だけではなく、サニブラウン選手の並々ならぬ努力があったからこそだと思います。また、そこに至るまでには、普通の日本人には体験することが出来ない葛藤を乗り越えてきたのではないかと思います。

我々の、ハーフに対する勝手な思い込みにより、たくさんの方々にご迷惑をおかけしてきたのではないかと思います。小中学校の頃には、思いもよらぬ行動に出ることもありますので、時にはいじめとして現れる場合もあったかも知れません。また、トラウマとなり未だに引きずっている方も中にはいるのかも知れません。

カトリオナ・グレイさんがミスユニバースに輝き、またハーフとしても注目されている今こそ、ハーフに対する勝手な思い込みを改める良い機会なのではないかと思います。

これからの日本は、あらゆる面で外国人の助けが必要になっていきます。あなたの近くに、もしかしたら隣人として外国から来られた方が住まわれる日もそう遠いことではないかと思います。是非この機会にご検討お願いします。

 

今回は、ここで終わりになります。ありがとうございました。 

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

私はいつもノートパソコンを使用していますが、画面が遠くてついつい前かがみになってしまい、ブログを書き終えた頃には、それこそ肩、首、腰がパンパンになってしまってます。移住前に物を増やしたくないのですが、移住してからでは買えないかもしれないと思案しているものが  ↓  これです。是非ご検討願います。終わります。THE END

 

  

  ↓ ブログ村ランキングに参加しています。宜しければクリックして下さい。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

#フィリピンハーフ

#カトリオナ・グレイ