【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【ドゥテルテ政権の大型インフラ整備計画】日本政府がドゥテルテ政権の下で進めるビルド・ビルド・ビルド【ダバオ編】!

 

【Build Build Build】

現在、ドゥテルテ政権では「Build Build Build(ビルド・ビルド・ビルド)」と呼ばれる大型のインフラ整備計画が進められています。

2017年から2022年までの6年間で約8兆ペソ(約16兆8000億円)を投じて、首都圏の交通網や空港等の整備を行うというものです。

今年は計画から3年目と言うこともあり、セブのニュース(Cebu Flash Report)等でも「Build Build Build」に関するニュースを良く見かけるようになりました。

これによるとマニラ近郊のクラークと呼ばれる米軍基地の跡地に巨大な近未来都市が出来つつあることや、その間を結ぶハイウェイ、鉄道等も報道されていたかと思います。(実は最近こういうニュースがFBで見れるのを教えていただきました。)

個人的には、移住の候補地であるセブやダバオのインフラ整備の方が気になるので、今回はダバオのインフラ整備状況に的を絞り進めさせていただきます。

尚、セブについてはこちら  ↓  をご覧ください。

 

www.mabuhayhappily.com

  

【フィリピンへの国別直接投資額ランキング】

まず初めに、フィリピンへの直接投資額について調べてみました。

日本からフィリピンへの直接投資額は、2016年度が4位、2017年度が1位、2018年度が3位と常に上位を占めています。

 

フィリピンへの国別直接投資額(百万ペソ)

国       2017    2018

中国       2,334  50,693 

シンガポール  10,156  21,181

日本      31,990  19,728    

バージン諸島   2,075  16,166

マレーシア      473  14,654

米国       8,741  12,859 

台湾      10,834   4,201

オランダ     9,637   4,053

英国       4,984   3,811

フランス        99   2,561

オーストリア   3,957   2,141

韓国       3,371   1,885

香港       1,631   1,780

ドイツ      1,386     541

その他     14,078  22,713

合計     105,746 178,967

出典)

「2018年の直接投資認可額は中国が首位、インフラ投資が牽引」JETRO

https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/03/8a87c7cb743d33f2.html

 

【ドゥテルテ大統領の手腕が試される】

ドゥテルテ政権の進める「ビルド・ビルド・ビルド」は、繰り返しになりますが6年で8兆ペソ、1年にすると約1兆3000億ペソです。

フィリピンの2019年度の国家予算は約3兆4000億ぺソですので、30~40%に相当する額がインフラ整備に使われていることになります。とても大きな金額です。

ドゥテルテ政権が考えている財源は、増税と他国からの資金援助です。

増税は2018年度に実施されているのではないかと思いますが、その時にフィリピンに住んでいれば分かると思いますが、どのように感じたのか、生活への影響がどれくらいだったのか気になるところです。

この巨大プロジェクトを今後も実施していくためには、今後も更に増税していくことが必要になると考えられます。他国からの資金援助にも限度があります、実際に現地で生活している方はどう考えているのか、国民が納得する方法を模索していく必要があるかと思います。

ドゥテルテ大統領の政策を観ていると田中角栄の日本列島改造論を思い出します。果たして高度経済成長の始まりに繋がるのかどうなのか、ドゥテルテ大統領の手腕が問われていると思います。

問題も多いがやることはやる!日本を経済大国へと押し上げた立役者です!

 

 

因みにドゥテルテ大統領の政策を「ドゥテルテノミクス」と呼ぶそうですが、どこかで聞いたような言葉だと思いませんか。日本人にとっては先行きがいかにも想像できそうな言葉に思えてならないのですが、どうせなら「フィリピン改造論」とかにした方が良いのではないかと思いましたが、どうでしょうか?

他国からの資金援助としては、2018年度は中国からの投資額が急増しているのが解るかと思います。これは、2018年11月に行われたドゥテルテ大統領と習近平国家主席との会談により交わされた覚書と迅速な投資です。第4四半期だけで中国からの投資額が480億ペソにもなったそうです。

これまで両国は、以前の投稿にも記載しましたが、南沙諸島の領有権や石油の採掘等多くの問題を抱えており、ドゥテルテ大統領がそれらの問題と引き換えに中国から巨額の援助を引き出したとも言われています。ドゥテルテ大統領は、その後の協議にて再度、領有権問題等をテーブルに載せたようなので、実際にはどう考えているのか良く解りません。

南沙諸島の問題については( ↓ )こちらで触れています。

 

www.mabuhayhappily.com

 

また、中国以外にもシンガポールやマレーシア等のアジア諸国からの投資も急増しています。私には何を目的にしたものなのか解りませんが、これまで長きに渡り投資を続けてきた日本が最後に来て他所の国にいいとこだけ持っていかれないように注意する必要があると思います。

今回は、ドゥテルテ政権の「ビルド・ビルド・ビルド」を受けて、日本が主体となりダバオ周辺で勧めている整備計画について調べてみましたので紹介させていただきます。

ところでシンガポールってどんな国なあのか気になりませんか?

夏休みを利用していかがですか? もしかして理由がわかるかも知れません!?

 

 

【日本が進めるダバオでのビルド・ビルド・ビルド】

日本の総理大臣は、2017年1月にフィリピンを訪問した際に、ドゥテルテ政権の取組み「フィリピン開発計画2017-2022」を積極的に支援していくこと。そして今後5年間で1兆円規模の官民による貢献策を着実に実施することを既に表明しております。

その時の主な協力分野としては、「マニラ首都圏及び地方部におけるインフラ開発」を第一に上げ、日本政府としては、ドゥテルテ政権が掲げる「ビルド・ビルド・ビルド」 の下で進められるインフラ整備に対して、積極的に支援するという内容が記載されていました。

それでは日本が「ビルド・ビルド・ビルド」の下で進める計画とは、どのようなものなのか、2017年10月30日「今後5年間の二国間協力に関する日フィリピン共同声明」の中ではインフラ開発については「ダバオ市インフラ開発計画策定・管理能力向上プロジェクト」等の調査結果を踏まえて、具体的な案件形成を迅速に行うとされていました。

ここでは「ダバオ市インフラ開発計画策定・管理能力向上プロジェクト」の中で、2022年までの短期開発計画として提言された交通開発計画の中から、主なものを以下に抜粋させていただきました。

参考)

「今後5年間の二国間協力に関する日フィリピン共同声明」

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000303416.pdf

「ダバオ市インフラ開発計画策定・管理能力向上プロジェクト」最終報告書http://open_jicareport.jica.go.jp/pdf/12308698.pdf

 

〇道路整備

・ダバオ市バイパス道路の整備

・ダバオ市海岸道路の整備

・ダバオ市バイパス道路とダイバージョン道路の間の補助幹線道路の整備

・ダバオ市交通管制センターの設立と運営

 

ドゥテルテ政権が提示している「ビルド・ビルド・ビルド」のHPにて、上記した4項目の進捗状況を調べてみましたが、ダバオ市バイパス道路については確認できましたが、それ以外については確認できませんでした。もしかしたら未だ事業化されていないのかも知れません。

因みに、ダバオ市バイパス道路の現在の進捗率は、設計が約90%、施工は0%となっていました。上記4項目は2022年までに先行整備することが提言されていましたので、現時点では非常に問題のある進捗になっていることが解りました。

( ↓「ビルド・ビルド・ビルド」のHPはこちら)

http://www.build.gov.ph/

f:id:mabuhayhappily:20190730214325j:plain

注)同図の中で黄色の破線で示した路線は、平成29年3月に経済産業省で作成した「平成28年度 フィリピン共和国ミンダナオ島におけるインフラ整備に係る調査事業 報告書」に記載がありますので、別項目にて紹介させていただきます。

 

〇都市鉄道整備

・路面公共交通の近代化

・ダバオ市マストランジット線フェーズ1の建設(タロモ-JP Laurel、15㎞)

下の赤色で示した路線が第1フェーズと呼ばれ、先行して着手されており、2024年の開業を目指して整備が進められているので、ダバオ市民の方は街の所々で工事を見かけることが出来るので、既にご存知の方も多いかと思います。 

ドゥテルテ政権が提示している「ビルド・ビルド・ビルド」のHPでは表示されなかったので、もしかしたら未だ事業化されていないのかも知れません。

f:id:mabuhayhappily:20190730214344j:plain

 

マストランジット線のシステムは、報告書の中では高架型のMRT、モノレール、LRTなどの提案にとどまっています。

MRTは、日本では地下鉄、私鉄をイメージすれば良いかと思います。

LRTは、良く解らないのでドゥテルテ政権が進める「ビルド・ビルド・ビルド」のHPにイメージ画像がありましたので、あくまでも参考になりますが添付します。 

f:id:mabuhayhappily:20190731003127p:plain

出典) 

ドゥテルテ政権が提示している「ビルド・ビルド・ビルド」のHP

http://www.build.gov.ph/

 

 〇高規格道路及び鉄道

 「平成28年度 フィリピン共和国ミンダナオ島におけるインフラ整備に係る調査事業 報告書」(経済産業省)にて提案されているミンダナオ全体の高規格道路を以下に添付します。

橙色の破線が、高規格道路(図中ではExpress way)、緑の破線がミンダナオ鉄道と表記されています。

f:id:mabuhayhappily:20190731011151j:plain

 

【最後に一言】

現在多くの事業が計画、実施されつつありますが、いずれの事業もドゥテルテ大統領が強力に進める「ビルド・ビルド・ビルド」の下で事業が計画されており、早期整備提案事業の目標年度は、ドゥテルテ大統領の任期である2022年に設定されているものが殆んどである。

この中で事業の実施が確認できたのは、ダバオのバイパス道路整備事業だけでしたが、現在の進捗率は設計が約90%、施工は0%となっていました。任期までの残り3年間で完成できるのか、特にバイパスは円借款で使われており、完成できない場合に次の政権が政策を100%引き継ぐのかどうかが心配になります。

フィリピンのミンダナオの発展のためにも、途中で終わることのないよう願います。

もう一つ、役所ごとに別々の報告書を作っていることに少し疑問を感じます。

更に、後続する報告書は、前(既存)に作られた報告書の内容を取り込んだ成果にしていただきたいと思いました。

縦割り行政の弊害だと思いますが、経費節減と、一般市民にも解りやすい報告書作りを心掛けていただきたいと思いました。

 

www.mabuhayhappily.com

  

今回は、ここで終わりになります。ありがとうございました。 

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

  ↓ ブログ村ランキングに参加しています。宜しければクリックして下さい。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 

#mabuhayhappily #フィリピン移住 #リタイヤ移住 #ダバオインフラ整備計画