【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【My Traveling】フィリピン ダバオで絶対に食べたい『フルーツの王様』と『幻のフルーツ』!?

 

【ダバオで絶対に食べたい『フルーツの王様』と『幻のフルーツ』!?】

 

こんにちはアルクです。

 

前回はフィリピン最大のお祭り『カダヤワン』について紹介させていただきました。

今回はダバオに行ったら絶対に食べてみたい『フルーツの王様』と『幻のフルーツ』について紹介させていただきます。

 

『フルーツの王様』とはドリアン、『幻のフルーツ』とはジャックフルーツのことをそのように呼んでいます。

ドリアンは、まずはその形状にビックリ、まさに悪魔の実『トゲトゲの実』にそっくでした。

そうなるとジャックフルーツは『ゴムゴムの実』のような気がしてきます。

 

私は何でも美味しく感じてしまう方なので、どんな食レポになるのか少し心配ではありますが、皆さんも一緒に楽しんでみてください。

 

今回の行き先は『Ramon Magsaysay Park』と呼ばれる公園になります。

因みにラモンでありラーメンではありません、タクシーで行き先を告げる際には注意してください。

 

 

 

【Durian Stores】

ダバオに行ったら絶対に食べてみたい果物がありました。

 

それは『フルーツの王様』と呼ばれているドリアンです。

日本では売っているのでしょうか?

高級なお店にはもしかしたらあるのかも知れませんが、私にとっては未知の果物でした。

 

匂いが強烈なので飛行機では輸送することが禁止されていると言う噂も聞いたことがあります。

 

匂いは強烈でも、食べてみると美味しくて病みつきになる人と、二度と食べたくないと言う人に別れるみたいです。

 

私の匂いに関する感度はどれくらいかと申しますと、くさやは大丈夫ですが、鮒ずしはアウトになる感じです。この感覚で判断していただければドリアンの程度がご理解いただけるのではないかと思います。

 

私が食べに行ったのは『Ramon Magsaysay Park』と言う公園の入り口付近にある果物屋さんです。

この付近にはたくさんの果物屋さんが並んでいて Durian Stores とも呼ばれています。

 

公園の入り口付近でタクシーを降りれば道路沿いにたくさん果物屋さん並んでいるので直ぐに分かるかと思います。

 

f:id:mabuhayhappily:20190722133250j:plain

 

たくさんの果物屋さんが並んでいるので、自分が食べたい果物を選んで食べることが出来ます。

 

私の今回のお目当ては何度も書かせていただきましたが、ドリアンとジャックフルーツになります。

 

実はこの他にもバナナにマンゴー、ドラゴンフルーツにランブータン等々フィリピン特有の美味しそうな果物が山のように並べれていましたが、今回は涙をのんで本命オンリーで行くことにしました。

 

f:id:mabuhayhappily:20190722133208j:plain

 

それでは、お店に並んでいたドリアンとジャックフルーツをいただくことにします。

 

Can I have a Durian here ?

Yes you can.

Have a seat.

⇨『シートを食べなよ』!?

He looks scared,

but he is more friendly than you expected. 

 

写真の下側に映っているのが『フルーツの王様』ドリアンです。

ドリアンは硬いとげで全身を覆われていたので、私は悪魔の実の一つ『トゲトゲの実』を想像してしまいました。

 

ドリアンを食べた感想は、匂いはしますがそんなに言われるほど強烈ではなく、味はクリーミーで濃厚なチーズケーキのような感じがしました。

 

備え付けの薄い手袋を片手にはめて身の部分を軽く摘まんで食べますが、持った感じはべっちょり重量感のある感じがしました。

 

食べ方も始めての経験、手袋をはめてからそれではって言う感じで、まるで手術前の外科医になったような気分が味わえてとても楽しかったです。

 

 

写真の上側に映っているのが『幻のフルーツ』ジャックフルーツです。

噂によれば一生に一度しか実がならないと言われる貴重な果物です。

 

幻のフルーツと言われる割には、お店にはたくさん並んでいたので、そこにまずびっくりしてしまいました。

 

ジャックフルーツを食べた感想は、ほんのり甘く切ない感じがするフルーツでした。

指で摘まむとポロリととれるので意外と食べやすいです。

 

 

私の感想は自分で記事を読んでも解りますが、本当に上手く伝わってないような感じがします。

テレビでもお馴染みの『マイウー』とか『うまかいどー』みたいな簡単に伝わる言葉を今後考えていこうかと思っています。

 

どちらもダバオでないと食べれない貴重な果物なので、私の感想に惑わされることなく、ダバオまで足を運んでいただき、自分の舌で確認していただければと思っています。

 

正確な値段は忘れてしまいましたが、1000ペソでおつりを貰いましたので、この大きさで一つ300~400ペソくらいだったと思います。

 

意外と大きいので、できれば大勢で行かれた方が良いかと思います。

 

 

 

【Tribal Village at Magsaysay】

Durian Stores に来られた際はお店の裏側が公園になってますので、是非こちらにも足をお運びください。

 

公園の中に Tribal Village があります。前出のマップを拡大していくと文字が現れてきますので確認して下さい。

 

私が行った時期はちょうどカダヤワン祭りをやっている最中でしたので普段とは違う雰囲気かも知れませんがご覧ください。 

 

f:id:mabuhayhappily:20190722153750j:plain

 

f:id:mabuhayhappily:20190722153814j:plain

 

ダバオ市には昔からたくさんの先住民族の方が住んでおられ、カダヤワン祭りでは各部族の方が参加して独特の踊りを競い合い多くの観客を魅了しています。

 

ここでは、各部族の生活スタイルがわかりやすく展示されていますので、カダヤワンのルーツについて思いを馳せることもできるかと思います。

 

また、この公園は海沿いにあるので海を眺めながらのんびりすることも出来ます。

 

www.mabuhayhappily.com

 

そして私の旅の相棒はいつも同じこの本になります。

 

  

今回はここで終わりになります。ありがとうございました。

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

【PS】

今回の投稿にて50記事となりました。

当面の目標は100記事ですのでマラソンで言うとやっと折り返し点を通過したところになります。やったーと素直に感じる反面、まだまだ半分か・・・と言う感じが入り乱れております。

まだまだ先は長くゴールは全く見えませんが、人生100年時代、別に急ぐ必要もないので、今は走ること、書くこと、伝えること等を楽しみながら、時にはマラソン大会の係員に追い立てられつつ、景色を見たり、綺麗な花に目を向けたり、時にはお弁当を食べたりしながら、ピクニック気分でのんびり走るのもありかと思っております。

正直なところ、ブログ初心者の私にとっては未だに定まった書き方がある訳ではなく、50回を終えた現在でも模索している最中で、不思議に思われている方もおられるかも知れませんが、私のブログスタイルが出来上がるまで、今しばらくお付き合いいただけたらと思っています。

【海外移住のためのガイドブック】と言う根底の所では、今後もぶれることのない記事作りを常に意識して投稿して参りますので、末永く宜しくお願い致します。

 

  ↓ ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

  にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 

#フィリピン観光

#ダバオ観光