【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【マラパスクア島】セブから6時間 綺麗な海を目指して(その1)

 

 

 

f:id:mabuhayhappily:20190628183552j:plain

I guess that the Heaven is just like here, Malapascua Island.

 

【マラパスクア島】ぶらり旅(その1)

今年の初めに約2か月間フィリピンに滞在しました。

今回の滞在の主な目的は英語の勉強でしたが、その他にもたくさんの課題、目的を自分に課して出かけてました。英語学校が終わり帰国するまでの2週間、残る課題は3項目でしたが、先生の強い勧めもありマラパスクア島観光を急遽追加することにしました。

・カレーライス、そば、うどんを料理してフィリピンの方に試食してもらう

・空手の道場を探し、稽古に参加させてもらう

・ストリートフードを食べ歩く

・綺麗な海を求めてマラパスクア島へ行く(急遽追加)

 

www.mabuhayhappily.com

  

www.mabuhayhappily.com

 

I have just stayed at the Philippines for two month at the beginning of this year. The mainly purpose of this travel was to study English, but I had lots of subjects to have to do there. When I had just finished my English school, I had remained three subjects yet. But I suddenly decided to add to my purpose to visit at Malapascua Island according to the strong recommendation from my teachers.

・I want to know their impression about japanese popular food I make there. Such as Carry Rice, Soba and Udon.

・I want to find karate dozyo in Cebu and then I want to attend their Keiko also.

・I want to eat everything called street food all of Filipino like without Ballot. 

 

もともと年寄りの一人旅、綺麗な海辺でたたずむ自分の姿が、どう考えても絵にならないことは解っており、これまでも敢えて近づくことは避けてきました。無人島のように誰もいないところであれば、いつかは一度いってみたいとは思っていました。

マラパスクア島とはセブ島の北のはずれから、更にボートで行く小さな島です。地図で見る限り絶海の孤島でしたので、もしかして誰もいないかもと期待して行ってみることにしました。他にも課題がたくさんある中で、急遽割り込んだので2泊3日と短い旅でしたが、島での様子を解りやすく紹介させていただきたいと思います。 

 

【マラパスクワ島への行き方】

マラパスクワ島に行くには、セブ市内のCebu North Bus TerminalにてMaya New Port行きのバスに乗ります。その後港にてMalapascua Island行きのボートにのります。

私が出かけた時は、セブ市内を出てマラパスクワ島に到着するまでに約6時間の長旅となりました。途中そんなに待たされることもなくスムーズに行ってこれぐらいの距離感です。

08:30 Cebu North Bus Terminal

      Bus:約4時間30分

13:30 Maya New Port

      Boat:約1時間 

14:30 Malapascua Island

 

結構長い時間バスに乗るので好きな映画を観るのもいいかも知れません!

私のお勧めは  ↓  これです。

 

 

【Cebu North Bus Terminal でバスに乗る】

私はセブ市内のホテルに滞在していたので、まず Cebu North Bus Terminal に向かいました。セブには北方面と南方面に向かう大きなバスターミナルがあり、今回は北方面に向かうバスターミナルになります。大まかな位置はSMシティ・セブから北東側に約1km程進んだ辺りにあります。 セブの人なら誰でもノースバスターミナルで通じるので迷ったら聴いてみてください。 

f:id:mabuhayhappily:20190628171951j:plain

Cebu North Bus Terminal

ターミナルにはたくさんのバスが並んでますが、フロントガラスに「Maya New Port」と表示されたバスが目当てのバスになります。大きな待合所にはたくさんのお客さんがおりますので、解らない時はマヤに行きたいと誰かに聴けば教えてもらえます。私の時もちょうど出たばかりだったのかバスが見当たらなかったので周りのお客さんに教えていただきました。

f:id:mabuhayhappily:20190628171923j:plain

Maya New Port

バス料金は、発車して暫くしてから車掌がきますので、行き先を告げると料金を教えてくれますので支払ってください。私の場合はエアコンなしのバスで195ペソだったと思います。エアコン有りでも200ペソ(約400円)くらいだと思います。エアコン有りに乗りたければ次のバスにすれば大丈夫ですが、まど全開にして走るので特に暑くは感じませんでした。

フィリピンのバスはとにかく安いと思います。セブ中心部から最北端のマヤポートまで約5時間近い旅行ですが約400円で行けます。セブ島内でしたら400円あれば何処でも旅行できることになります。次回は南側を旅行してみたいと考えています。

途中でトイレ休憩が2回ありました。長旅なので外に出て背伸びした方が良いですね。流石に4時間も揺られていると腰が痛くなってきます。途中休憩は積極的に活用してください。食べ物も売っていたので見て歩くのも良いかも知れません。

私にはストリートフードを食べるという課題が残っていたので、ゆで卵と何か食べたのですが・・・とうとう思い出せませんでした。いずれにしてもストリートフードだと言うのは確かです。 

www.mabuhayhappily.com

 

Maya New Portはこのバスの終点ですので、安心して最後まで乗っていて大丈夫です。

Maya New Portに到着すると波止場の入り口で降ろしてくれるので、あとは歩いて料金所まで200mくらいです。近くに見えるので直ぐに分ると思います。

f:id:mabuhayhappily:20190628172523j:plain

 

【Maya New Portでバンカーボートに乗る】

料金所に到着したら乗船名簿が置いてあるのでまず名前を記入。ボートには定員がありますので、先に書いた方が良いと思います。そして、料金は窓口で100ペソ支払う時と、船の持ち主が直接お金を集めている時もありますので、その場の状況に応じて対応してください。

f:id:mabuhayhappily:20190628172646j:plain

 

バスを降りたら誰よりも早く、できれば早く乗船名簿に向かうのが良いかと思います。バスの乗客全員が一度に乗れない場合がありますので、早めにと言うことです。

乗船するボートは、バンカーボートと呼ばれる船で、両側に支えが飛び出た特異な形をした船でした。定員は10~20人くらいではないかと思いました。

f:id:mabuhayhappily:20190628180516j:plain

Bunker boat

 

マラパスクワ島までの所要時間は約1時間、私が利用した時は曇り空でしたが風もなく、船に酔うこともなく快適な船旅でした。 

遠くに見えるのは方向からレイテ島だと思います。

f:id:mabuhayhappily:20190628180544j:plain

 

マラパスクワ島に到着しても岸から100mくらい離れた場所に停泊します。その後は小型のボートに乗り換えて岸に接岸し上陸となります。この際に、改めて20ペソ請求されるので小銭を用意しておいた方が良いかと思います。

マラパスクワ島の地図では、島の西側の突堤に航路が書かれていると思いますが、今回上陸したのは島の南側のビーチになります。ホテルを探すのにも自分がどこに上陸したのかわからないと迷うので注意してください。  

www.mabuhayhappily.com

 

【私が利用したホテル】

何はともあれホテルに向かうことにしました。今回宿泊するのは、たまたま上陸した場所からすぐ近くの「Malapatel」と言うホテルでした。

Malapatel のURLは ↓ です。 

https://www.agoda.com/ja-jp/malapatel/hotel/cebu-ph.html?cid=-42

とっても綺麗なホテルです。こんなに広い部屋に一人で泊るなんて申し訳ないです。

余談になりますが、綺麗に掃除してあるとお客さんも綺麗に使用すると思います。私はこの部屋に入る時は、自分だけの規定ですが土足厳禁として必ず靴を脱いで過ごすようにしていました。

ホテルに来てから解りましたが、このホテルは直ぐ近くの「Blue Heaven」と言うダイビングショップ兼スクールを遣られてる日本人オーナーが、このホテルも経営されているとのことでした。

元々はセブの北側に浮かぶ絶海の孤島かと思っていたところに、まさかの日本人オーナーが経営するホテルに泊まることになるとはビックリしました。まるで「ユーはなんでこんなところに」って言う感じでした。

f:id:mabuhayhappily:20190628181041j:plain

Malapatel in Malapascua Island

 

今回は、ここで終わりになります。ありがとうございました。 

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

  

#フィリピン観光

#マラパスクワ島