【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【My Traveling】フィリピン 船で行くぶらり旅 ボホール島編(その7)おまけ!

 

 

f:id:mabuhayhappily:20190619112416j:plain

Alona Beach

 

フィリピン 船で行くぶらり旅(その7)おまけ!

これまでボホール島編として6回シリーズで紹介させていただきましたが、このブログを読まれて「そうだ、ボホール島に行こう」とか思われた方が居れば幸いです。

 

私も一度訪れただけですが、きっといい旅が出来ると確信しています。今度の連休にでも是非お出かけしてみてください。

 

私はボホールから頼まれたわけでも、旅行会社の者でもありません。純粋にボホールを旅行してファンになった一人ですので、誤解のないようにお願いします。

 

と言うことで今回でボホール島編の最後になります。

 

旅行、観光に関することは、これまでに全て紹介してきましたので、今回はお菓子のおまけみたいなものだと思ってください。 

 

www.mabuhayhappily.com

  

www.mabuhayhappily.com

  

www.mabuhayhappily.com

  

www.mabuhayhappily.com

  

www.mabuhayhappily.com

  

www.mabuhayhappily.com

 

【About Holy Week in the Philippines】

たまたまですが今回のぶらり旅の期間が、ホーリーウィーク(Holy Week)に重なっていましたので、その間に私が観たタグビララン市内の様子について少しですが紹介させていただきます。 

その前に、ホーリーウィークとは、復活祭の前の一週間のことで、最後の3日間が特に重要でそれぞれ、Holy Thursday、Good Friday、Black Saturdayと呼ばれています。

因みに私が今回紹介するのは、Good Friday と呼ばれる一日です。

 

Holy Weekとは、ウィキペディアによると次のように説明されています。

『Holy Weekとは、棕櫚の主日(=枝の主日、聖枝祭)から、復活祭(=復活大祭)の前日までの一週間を指す。』

『棕櫚の主日は、エルサレム入城の日を指す。』

『復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Πάσχα、ラテン語: Pascha、フランス語: Pâques、英語: Easter、ドイツ語: Ostern、ロシア語: Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭』

『Holy Week (Latin: Hebdomas Sancta or Hebdomas Maior, "Greater Week"; Greek: Ἁγία καὶ Μεγάλη Ἑβδομάς, Hagia kai Megale Hebdomas) in Christianity is the last week of Lent and the week before Easter. It includes the religious holidays of Palm Sunday, Maundy Thursday (Holy Thursday) and Good Friday, and lasts from Palm Sunday (or in the Eastern, Lazarus Saturday) until, but not including, Easter Sunday, as Easter Sunday is the first day of the new season of The Great Fifty Days. It commemorates the last week of the earthly life of Jesus Christ as recorded in the Canonical gospels.』

聖金曜日(せいきんようび、英: Good Friday、西: Viernes Santo、仏: Vendredi Saint、独: Karfreitag)は、キリスト教用語で、復活祭前の金曜日のこと。「受難日」、「受苦日」などとも呼ばれる。正教会では「聖大金曜日」と呼ばれる。イエス・キリストの受難と死を記念する日。』 

『カトリック信徒の多いフィリピンでは、聖金曜日に屋外や通りで大掛かりな受難劇を行うのが伝統となっている。』 

  

www.mabuhayhappily.com

 

【Good Friday in Bohol Island】

この日は聖金曜日。朝から良い天気でした。

始めに向かったのがこの旅1日目に見学した Church of Tagbilaran

やはり4日前に来た時より多くの方が見えて混雑してました。

皆さん壁に向かってお祈りしていますが、私には良く分からないのですが、キリストに関わる多くの関係者?の絵が描かれています。良く見ると順番に移動していますので、もしかしたら物語風になってるのかも知れません。

f:id:mabuhayhappily:20190618153401j:plain

Church of Tagbilaran on Good Friday

これは火の鳥でしょうか?

たぶん上下に動くような感じがします?

もしかしたら日曜日に教会で行われる復活祭と関係しているのかも知れません?

たぶんばかりですみません。

f:id:mabuhayhappily:20190618153609j:plain

Church of Tagbilaran on Good Friday

 

www.mabuhayhappily.com

 

前出のWikipediaによれば「聖金曜日に屋外や通りで大掛かりな受難劇を行うのが伝統となっている。」とありましたので、この像はそれに使われるのかも知れません。

f:id:mabuhayhappily:20190618153748j:plain

Church of Tagbilaran on Good Friday

f:id:mabuhayhappily:20190618154013j:plain

Church of Tagbilaran on Good Friday

f:id:mabuhayhappily:20190618154126j:plain

Church of Tagbilaran on Good Friday

キリストが十字架を背負ってる像がありました。

まさにこれから受難劇をするために並べてあるように感じました。

しかし、係の人からはのんびりした雰囲気が伝わってきます。

まだまだ始まらないようなので、街の中をぶらぶらしてきます。

f:id:mabuhayhappily:20190618180714j:plain

Capitol Building

近くに歴史がありそうな建物があったので撮影してみました。

市役所と書かれています。どことなく異国の雰囲気が漂います。

たぶんスペイン統治時代から今まで使われている歴史のある建物だと思います。

勿論、今日はお休みでした。

 

f:id:mabuhayhappily:20190618180754j:plain

National Museum

この建物は、National Museum と書かれていました。

勿論、お休みでしたが、次回来た時のお楽しみに残しておきます。

余談になりますが、フィリピンでは、ホーリーウィークの期間中は、役所をはじめほとんどの会社が休みになるそうです。日本で言えば、お盆休みのような感じだと思います。この期間はあの巨大なショッピングセンターも早じまいするそうです。

実は私も、ホーリーウィークの影響によりフィリピン滞在を延ばすことになりました。

リタイアメントビザをフィリピン退職庁に申請していたのですが、役所の方が長期休暇に入ったとのことで決済が大幅に遅れて、当初1カ月の滞在予定が2か月になってしまいました。エクスプレスと呼ばれる相応の追加料金を払っていたのにです。

 

www.mabuhayhappily.com

 

始まる雰囲気がないので、街をぶらぶらしているとちょうど良いお店を発見 !

日本でもお馴染みのタイ式マッサージのお店です。

これ以外にないと言うタイミングで現れました。Good Timing !

さっそく薄暗い階段を上り店内に入ると、中は意外と綺麗なお店でした。

料金表を見ると、ボディーマッサージとフットマッサージがありましたが、ボディーマッサージの1時間をお願いしました。

料金は300ペソ(約600円)です。日本では考えられない値段です。 

すると中から屈強な男性が出てきて、どうぞと・・・

f:id:mabuhayhappily:20190618191145j:plain

Thai Royale SPA

マッサージの感想は書きませんでしたが、ボキボキ、グイグイ・・・まるでプロレスの技で一方的に攻められている感じの1時間でした。

あれ以来、マッサージ恐怖症にかかってしまいましたが、フィリピンではとても安くていいお店がたくさんありますので、是非トライしてみてください。但し、マッサージの注文をする際は、必ず「女性でお願いします」と付け加えることをお勧めします。

 

 

ここは先程の教会から港方面に600m程進んだところにある教会です。

現在、夜の6時過ぎですがまだ明るいです。

タグビララン教会で見たのと同じような像が道路に並び始めました。

もうすぐ始まるのかも知れません。

f:id:mabuhayhappily:20190618181523j:plain

 

夜の8時頃になってようやく動き始めました。

先程の像は、ライトアップされてました。

まるでアミューズメントパークのパレードみたいでした。(言いすぎかな?)

しかし、どこに居たのかたくさんの人々が、道路に集まっています。

どこに行くのかも知れず、この群衆についていきました。  

f:id:mabuhayhappily:20190618183107j:plain

 

どこまでも黙々と歩き続けます。

どこに連れていかれるのか心配になってきました。

f:id:mabuhayhappily:20190618183140j:plain

黙々と歩いた後は、元の教会のところに無事到着、安心しました。

日本のお祭りでも、街の中を練り歩いた後、神社の戻ってくるのと同じでした。

 

 

と言うことで、ここはタグビララン港。

ボホールの旅もそろそろ終えてセブに戻ることにしました。 

f:id:mabuhayhappily:20190619105640j:plain

Tagbilaran Port

帰りは憧れのスーパーキャット、トラブルもなく無事セブに戻ることができました。

f:id:mabuhayhappily:20190619113859j:plain

Super Cat

 

船で行くぶらり旅 ボホール島編は、今回で最後になります。 

 

ありがとうございました。

Thank you so much. See you next time. Good luck.

 


 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。

 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

#フィリピン観光

#ボホール島