【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【My Traveling】フィリピン セブ市内観光編(その2) あなたの知らない世界???

 

f:id:mabuhayhappily:20190526091539j:plain

Photo : Ayala Center Cebu by アルク

                      I am always thinking about my blog.

 

 

 

  

 

1.セブ市内観光編(その2)

 

  このブログでは、フィリピンでの生活費、日本と比較してどうなのか?と言うことを

主なテーマとして、これまで食事に関することから床屋さんや乗り物に至るまで、フィ

リピンで生活する際に必要となる費用に着目して、私のリアルな体験を通して皆さんに

紹介させていただきました。

 

 これまではフィリピンで節約しましょうと言う感じで、このブログがずっと進んでき

たので、なんだか皆さんに「フィリピン=節約」みたいなイメージを自然と植え付けて

しまったように感じていますが・・どうでしょうか?

 

 と言うことで、フィリピンのイメージを回復するために、生活編が節約でしたので、

その浮いたお金で「たまには観光」と言うゆるい感じのもの、日本で言えば「バスで行

く春の〇〇半島」とか「しゅん散歩」のような感じのブログにしていきたいと思ってい

ます。

 

 前回からセブ市内の観光編をスタートさせましたので、今回は(その2)として、あ

なたの知らない(かもしれない)世界と題しまして紹介させていただきます。

 

 それでは、「セブ市内観光編(その2)」をスタートさせていただきます。

 

 なお、「セブ市内観光編(その1)」は次のブログになります。

 

www.mabuhayhappily.com

 

  

2.あなたの知らない世界???

 

 今回は、前回の定番コースとは少し異なり、マイナーですが面白く、大変勉強になる

隠れスポットを紹介させていただきます。もしかしたら、あなたの知らない(かもしれ

ない)世界が垣間見れるかもしれません。

 

 

【University of San Carlos Museum】

 サン・カルロス大学博物館

 

 サン・カルロス大学博物館は、大学の中にある博物館ですが、一般にも開放されてい

るので誰でも観ることができます。但し、受付で身分証明書(ID)の提示を求められ

るので忘れないようにして下さい。入館料は20pesosくらいだったと思います。

 

 

f:id:mabuhayhappily:20190526091937j:plain

Photo : University of San Carlos Museum by アルク

 

 案内に従って通路を進んでいくと、なんとそこには提灯が、日本のお祭りとかで見ら

れるあの赤白のガラの提灯が飾られています。そこにはなんと「大売出し」の文字が書

かれた提灯でした。多分、日本語が分からない方が飾られたのかと思いながら、そのま

ま通り過ぎてしまいました。

 

 博物館に入ると、まず初めに展示されているのは、日本の戦国時代の鎧兜でした。何

でここに、まさかフィリピンの博物館で観れるとは思ってもいませんでした。鎧兜が好

きな方にはお勧めかもしれません。

 

 しかし、次の部屋からはフィリピンに関する展示物がちゃんと始まりますので、ご安

心ください。

 

 フィリピンに生息する、小動物から始まり、綺麗な蝶々なども展示されていました。

  

f:id:mabuhayhappily:20190526092244j:plain

Photo : University of San Carlos Museum by Aruku

  フィリピンの国鳥、フィリピンワシです。 

 

f:id:mabuhayhappily:20190526092534j:plain

Photo : University of San Carlos Museum by Aruku

  手のひらサイズのめがね猿、ターシャ、ボーホル島で一度見ました。

  

f:id:mabuhayhappily:20190526092653j:plain

Photo : University of San Carlos Museum by Aruku

 

 

 フィリピンの国鳥は、フィリピンワシです。

 

 突然ですがみなさん、日本の国鳥はなんだかわかりますか?

 

 鳩だと答えた方いましたら、チコちゃんに叱られますよ。そうです、日本の国鳥はな

んと「キジ」なんです。実は私も分からなかったので調べてしまいました。

 

 

【Yap Sandiego Ancestral House】

 ヤップ・サンディエゴ・アンセストラル・ハウス

 

 17世紀の後半に建てられたとても古いお屋敷で、家の中は昔のまま残されているよ

うで、タイムスリップした感じが味わえます。

 

 余談になりますが、携帯のアプリでグーグルマップとかヤフーの地図とかを使用して

いる方はフィリピンでも使えますのでご安心下さい。名称で検索すればすぐに地図で表

示されますのでとても便利です。私も実際に使用して、いつも助けてもらったアプリで

す。

 

 交通の表示に切り替えると、ジプニーのバス停や行き先など詳細なデータも表示さ

れるので大変助かります。お出かけの際は是非ご利用下さい。

 

(一身上の事情により写真を掲載することができません。次回、フィリピンに出かけ

た際に改めて撮影し添付するようにします。)

 

 

【Heritage of Cebu Monument】

 ヘリテイジ・オブ・セブ・モニュメント

 

 ヘリテイジ・オブ・セブ・モニュメントは、ヤップ・サンディエゴ・アンセストラ

ル・ハウスの直ぐ近くにあるので、セットでご覧いただけます。

 

 また、銅像はとても大きくて立派でした。

 

 モニュメントを見る限り、マゼランの上陸を描いたものや、ラプラプ軍とスペイン兵

との闘いを描いたものなど、セブの歴史を紹介するためのモニュメントになっていると

思います。とても良くできてますので是非一度ご覧ください。

  

f:id:mabuhayhappily:20190526093231j:plain

Photo : Heritage of Cebu Monument by Aruku

 

f:id:mabuhayhappily:20190526093507j:plain

Photo : Heritage of Cebu Monument by Aruku

 

 【Sugho Museum】

 スグボ美術館(セブ博物館)

 

 M.J.クエンコ通り沿いにある刑務所を改装して作られた博物館です。

 

 料金は100ペソ以下だったと思います。

 

 下の写真が正門になります。門をくぐると、多分大学生かと思われるガイドさんが何

人か控えていて、ガイドは必要かどうか聞いてきます。 私は英語ビギナーなのでよく分

からないかもしれませんが、これも勉強になるので、躊躇わずにお願いしました。

 

    約1時間くらい掛けて、説明していただきましたが、とても楽しく過ごすことがで

き、何度も行きたくなる博物館でした。

 

    説明は全て英語なので正確には理解出来なかったのですが、フィリピンの歴史を一通

り勉強させていただきました。

 

   日本軍による占領のところから説明が始まり、少し戸惑いましたが、逆に彼女たち若

い世代のフィリピン人の感情を推し量りながら、逆に聴いていたのを思い出します。

 

    今では日本人の大半は戦争を知らない世代です。歴史の授業では教わる事のない、少

なくとも私の世代では教わった記憶がない近代史、戦争の事実を、貴重な資料を基に説

明していただける素晴らしい場所でした。皆さんも是非、訪れて改めて歴史の勉強をし

て見てはいかがでしょうか。しらないのは私だけですかね・・・?

 

f:id:mabuhayhappily:20190526093654j:plain

Photo : Sugho Museum by Aruku

 

f:id:mabuhayhappily:20190526093956j:plain

Photo : Sugho Museum by Aruku

 

    最後に牢獄に案内されます。

 

    でも安心してください。今では、お土産屋さんとして利用されていました。手作りの

ものがたくさん、非常に安い値段で手に入ります。たくさんのボランティアの方がおり

ましたので、私も少しですが購入させていただきました。

 

 

【Sirao Garden】

 シラオガーデン

 

    ここもあまり知られていませんが、名前のとおりたくさんの花が見られる、花が好き

な方には堪らない場所だと思います。

 

    私の意見ですが、フィリピンは常夏の国なので、日本のように見頃と言う時期がない

のではないかと思います。

 

    日本では、今だと桜が終わり、藤の花とかツツジが綺麗な季節だと思います。

 

    個人的には、どんなに綺麗な花でも年中見られるよりは、この時期しか見れない期間

限定の花がある方が心を動かされる気がします。

 

    入場料は50ペソ位だったと思います。

 

    中はそれ程広い訳ではありませんがたくさんの花が咲いていました。花の知識は皆無

なので何が咲いていたのか、そう言えば一つだけ、ひまわりが咲いていたのを思い出し

ました。やっぱり夏の花ですね。

 

f:id:mabuhayhappily:20190526095136j:plain

Photo : Sirao Garden by aruku

f:id:mabuhayhappily:20190526095206j:plain

Photo : Sirao Garden by aruku

 

    何故、シラオガーデンに行ったのかを少し説明しますと、実はこの時、英語学校に通

っていて、その先生から出された宿題が「シラオガーデンに行ってその一部始終を報告

しなさい」と言うミッションだったのです。これが、特に花が好きではなかった私がこ

こを訪問した理由になります。

 

    セブ市の北側までジプニー、そこから先はバイクタクシーで約一時間くらい、実に遠

い場所です。往復と現地での待ち時間を含めて、確か400ペソだったかと思います。

片道一時間もかかるので妥当な金額かと思います。運転手さんありがとうございまし

た。数人いればタクシーで快適に行くのもありです。スリル満点のバイクタクシーも、

もちろんお勧め、是非トライしてみてください。

 

    

3.Enjoy Traveling !!!

 

    今回は、セブの定番コースとは一味も二味も違う、隠れ家的なコースを紹介させてい

ただきました。

 

    あまり行く機会のないところばかりだと思いますが、たくさんの方に出会え、貴重な

資料も観せていただき、歴史や英語の勉強もできるなど、いいとこづくしの場所ではな

かったかと思います。

 

    少しはセブの雰囲気を感じていただけましたでしょうか?

 

 ↓ セブのお土産はこれ I miss Cebu.

 

 

    今回はここまでになります。ありがとうございました。

 Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

    次回も引き続き、セブ市の観光ガイドをさせていただきます。

 

www.mabuhayhappily.com

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックして下さい。      

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

#フィリピン観光

#セブ市内観光