【海外移住のためのガイドブック】アラ60への応援メッセージ!!!

定年前に会社をリタイア、これからどうしようかと考えている方への応援メッセージ!

【My Traveling】フィリピン セブ市内観光編 これぞ定番!!!

 

 

 

 

1.セブ市内観光編(その1)

 

 このブログでは、フィリピンでの生活費、日本と比較してどうなのか?と言うことを

主なテーマとして、これまで食事に関することから床屋さんや乗り物に至るまで、フィ

リピンで生活する際に必要となる費用に着目して、私のリアルな体験を通して皆さんに

紹介させていただきました。

 

 これまではフィリピンで節約しましょうと言う感じで、このブログがずっと進んでき

たので、なんだか皆さんに「フィリピン=節約」みたいなイメージを自然と植え付けて

しまったように感じていますが・・どうでしょうか?

 

 と言うことで、フィリピンのイメージを回復するために、今回から少し方向を変え

て、観光編をスタートさせていただきます。観光編としてはセブ島から始まりボホール

島そしてミンダナオ島まで順次紹介していきます。

 

 今回は、まず初めにセブ島観光編のうち「セブ島セブ市内観光①」としてセブ市旧市

街の定番コースから紹介させていただきます。

 

 生活編が節約でしたので、その浮いたお金で「たまには観光」と言う感じのもの、日

本で言えば「バスで行く春の〇〇半島」とか「しゅん散歩」のような感じのブログにな

るかと思います。

 

 それでは、「セブ島セブ市内観光編①」をスタートさせていただきます。

 

 

2.これぞ定番コース

 

 セブ市内で観光と言えば、まず皆さん最初に行かれるのは旧市街の散策だと思いま

す。もしかしたら私だけかも知れませんが、紹介させていただきます。

 

【Santo Nino Church】サント・ニーニョ教会

 

 サントニーニョ教会は、1565年に建造されたフィリピン最古の教会の一つです。

 

 以前、ボホール島を観光した際も、最古の教会と言う説明を聞いた覚えがあります

が、これもその一つだったのかもしれません。

 

 サントニーニョとは、キリストの小さい頃の呼び名のようです。私はキリスト教では

ないので知りませんでした。可愛らしい名前だと思います。

 

 フィリピンでは、たくさんの方が出入りする場所では、出入り口で警備の方のチェッ

クを受けてから入るのが常です。銃を構えた警備の方が施設、店舗の入り口には必ずい

ます。

 

 私は信者ではなかったので少し心配しましたが、中にすんなり入ることができまし

た。観光客だけでなく、全ての人に開放しているような感じでした。

 

 その勢いで、教会の中にまで足を踏み入れてしまいました。初めての経験でした。教

会の中は、周りの喧騒とは違い、厳かな、厳粛な雰囲気を感じるところでした。日本で

言えば、伊勢神宮の鳥居を過ぎた時、本殿の前に立った時と同じような雰囲気を

感じることができました。

 

 教会の中では、たくさんの方がひざまずき、お祈りを捧げている姿を観ることができ

ました。フィリピン人の9割がキリスト教の信者だそうです。

 

 私はどちらかと言うと仏教よりも多神教なので、キリストに対しても特に違和感もな

く、いつも通りにお祈りをさせていただきました。皆さんの見よう見まねでしたので、

笑われていたかも知れませんね。

 

 実は、教会に入ったのは結婚式のときくらいで、普段は信者以外は入れない、立ち

入れない領域だと思っていました。日本の教会はどうなんでしょうか?サント・ニーニ

ョのように一般にも自由に開放されたところは、あるのでしょうか?

  

f:id:mabuhayhappily:20190508125321j:plain

Photo : Santo Nino Church by aruku

 夜のサント・ニーニョ、特に綺麗です。 

 

 

f:id:mabuhayhappily:20190505081814j:plain

Photo : Santo Nino Church by aruku

 

 16世紀の建物とは思えないほど、教会の中も綺麗でした。

  

 

 

【Magellan’s Cross】マゼラン・クロス

 

 マゼラン・クロスは、サント・ニーニョの裏口を出たところにあります。

 

 マゼランと言うと、スペインの冒険家、大航海時代の先駆者を思い出しますが、キリ

スト教の布教活動も積極的に行っていて、この十字架もマゼランが1521年にここに

収めたものだそうです。

  

f:id:mabuhayhappily:20190505080746j:plain

Photo : Magellan's Cross by aruku

 

f:id:mabuhayhappily:20190505080939j:plain

Photo : Magellan's Cross by aruku

 

 十字架を収めている六角堂です。後ろ側がサント・ニーニョです。 

 

 

 

【Fort San Pedro】サン・ペドロ要塞

 

  サント・ニーニョ教会の前の大通りを海に向かって進んでいくと10分くらいで大き

な公園が見え、その中にサン・ペドロ要塞はあります。

 

 ここは、スペイン統治時代の1738年に建造された海に面した砦で、海賊からの防

御のために作られたそうで、砦の上には海に向かってたくさんの大砲が配置されていま

した。いまでも発射できそうな感じでした。

 

 今は要塞の周りも整備されて、海を直接見ることができませんが、市民の方がくつろ

ぐ憩いの場になっていました。いつまでも平和な世界がが続くことをお祈りします。

 

f:id:mabuhayhappily:20190505082653j:plain

Photo : Fort San Pedro by aruku

 

f:id:mabuhayhappily:20190505082748j:plain

Photo : Fort San Pedro by aruku

 

 この辺も昔は海だったのだと思います。

 

 

 

【Carbon Market】カルボン・マーケット

 

 ここはカルボン・マーケット、旧市街を代表するマーケット、市場です。

 

 いまでこそ、市内には大きなショッピングモールがいくつもでき、賑わいを見せてい

ますが、以前はカルボン・マーケットが買い物の中心街であったと思います。それこそ

マゼランがセブに上陸する前から、この場所には市場があったように感じます。

 

 一人で行動しているため奥の方まで歩き回って見てきたのですが、写真を撮れたのは

入り口付近のこれ一枚だけになります。

 

 中に入ると小さなお店が密集し、細い路地が迷路のように続き、お店の方なのか、お

客さんなのか、大人から子供までたくさんの方が動き回っていました。雰囲気は昔のア

メ横、火事になる前のアメ横に似ていて、それを巨大にした感じでした。今回は旅行者

でしたのでブラブラしただけでしたが、実際に生活する場合にはきっとこういう市場へ

買い物に出かけるだろうと思ってます。

 

f:id:mabuhayhappily:20190505083324j:plain

Photo : Around The Carbon Market by aruku

 

  

3.Enjoy Traveling !

 

 今回は、セブ島観光編のうち「セブ島セブ市内観光①」として、セブ市の旧市街の定

番コースから紹介させていただきました。セブ市の雰囲気を感じることはできたでしょ

うか?

 

 今回紹介させていただいた場所は、いずれも歩いて廻れる距離にありますので、セブ

市を訪れた際は、休みの日にゆっくり散歩するのには最適な場所かと思います。是非、

トライしてみてください。

 

セブ島のお土産、定番はこちらです。I miss Cebu。

 

 

 

 今回は、ここまでになります。ありがとうございました。

 Thank you so much. See you next time. Good luck.

 

 

 次回は、「セブ島セブ市内観光②」として、内容は未定ですが暫くこのシリーズを続けて行くつもりでいます。

 

www.mabuhayhappily.com

 

 

 ↓ ブログ村ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。

 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

  

#フィリピン観光

#セブ市内観光

#サント・ニーニョ教会

#マゼラン・クロス

#サン・ペドロ要塞